オデッセイIT奨学金 留学直前インタビュー

第1期奨学生 留学直前インタビュー

  • ニュージーランドでたくさん友達を作り
    アウトドアスポーツを楽しみたい!

    荒木香穂さん

    IC3(アイシースリー)取得

    立教女学院高等学校2年生(東京在住)
    留学先:ニュージーランド 2007年2月出発

    海外旅行が好きな両親や留学経験のある友達の影響から、私も海外での高校生活を経験してみたいと思い、AFS高校留学に応募。「オデッセイ IT奨学金」対象試験のうち、IC3を選んだのは、それまでパソコンはWordやEメール、ネットサーフィン程度にしか使っていなかったので、“コンピュータの基本を幅広く身につけたい”という理由からでした。

    試験は想像していたよりも難しく、3科目合格できたのは2回目。でも、基本が身についただけでなく、触れたことさえなかったExcelも覚えられ、挑戦して良かったと思います。

    将来の夢は医師になること。今は学校のダンス部で身体を動かすことに夢中。アウトドアスポーツが盛んなニュージーランドで友達をたくさん作り、スキーやサイクリングなどを楽しみたいです!

  • 日本とは異なる考え方や
    文化のなかでいろいろなことを学びたい!

    田宮彩さん

    Microsoft Office Specialist取得

    茗溪学園高等学校2年生(茨城在住)
    留学先:ニュージーランド 2007年2月出発

    幼少のころ約1年間米国に滞在したことがある私が海外留学を決意したのは、留学から帰ってきた先輩から話を聞いたことがきっかけでした。私も異なる考え方や文化のなかでいろいろなことを勉強したいと思ったのです。

    そんな折に、この奨学金のことを知りMicrosoft Office Specialistに挑戦。普段は部活が忙しいうえ、ほとんどコンピュータを使わないのですが、毎日少しずつ勉強し1回で合格できてとてもうれしかったです。

    将来の目標は発展途上国で保健士として働くこと。中学1年生のときにザンビアで日本人が活躍している姿を目の当たりにしてからの夢です。先住民「マオリ」の文化を尊重し、福祉面も充実しているというニュージーランドのさまざまな側面を実際に見て触れてきたいと思います。

  • 留学先のアメリカで
    英語環境でもパソコンを使えるようになりたい!

    池上侃さん

    IC3(アイシースリー)取得

    大阪教育大学附属高等学校池田校舎2年生(大阪在住)
    留学先:アメリカ 2007年8月出発

    「オデッセイ IT奨学金」の申請にあたり、Microsoft Office SpecialistとIC3を比較・検討した結果、パソコン初心者である自分のレベルに適していると思いIC3を受験することに。

    まず、参考書を何度も読み返し、次にわからない用語を暗記。特に、実際にパソコンを操作しながらの勉強が効果的で、合格への近道になったと思います。ただ、たくさんの用語を暗記しなければならない「コンピューティング ファンダメンタルズ」には苦労させられました。

    IC3を取得した現在は、以前と比べて効率よくパソコンを操作できるようになっただけでなく、パソコンを操作することが楽しく感じるようになりました。

    留学先のアメリカでは、英語環境でもパソコンを使いこなせるようになるのが目標です!

  • パソコンに関するコミュニケーションを通し
    外国人と親しくなりたい!

    山下拓人さん

    IC3(アイシースリー)取得

    愛媛県立伊予高等学校2年(愛媛在住)
    留学先:ドイツ 2007年9月出発

    IC3を取得する以前は、パソコンについて知識の裏付けがないまま、なんとなく理解しているといった感じだった私。そのため、操作だけでなく基礎知識をしっかりと身につけたいと思い、奨学金の申請にあたってIC3を選びました。

    テキストを読んで理解することから勉強を開始し、その後、問題集へ。理解を深めるため各科目について最低でも2回は解くようにしました。

    IC3を取得してから、パソコンを使う授業も楽しくなる一方、友達からパソコンの操作について質問された場合も、理由と操作方法を体系立てて相手が理解しやすいかたちでアドバイスできるようになりました。

    留学先であるドイツにもIC3のテキストを持って行くつもりなので、現地でパソコンの操作に関するコミュニケーションを通して、外国の方と親しくなれたらうれしいですね!

これまでの奨学生のご紹介に戻る このページの先頭へ戻る