オデッセイIT奨学金 留学直前インタビュー

第2期奨学生 留学直前インタビュー

  • 弊社代表・出張とIC3チームのスタッフとの
    留学前の記念ショット

    パソコンや楽器などの特技を活かして、
    たくさんの人とコミュニケーションをしたい

    渡邉雄太さん

    IC3(アイシースリー)取得

    豊田工業高等専門学校2年生
    留学先:スイス 2008年2月出発

    父親から海外のさまざまな話を聞いていた影響もあってか、小さい頃から海外に関心があり、また、同級生にも留学を目指す人が多かったため高校留学を決意しました。今回、留学先にスイスを希望したのは、自然があふれる環境のなかで生活をしたいと思ったからです。スイスのドイツ語圏に留学先が決まってからは、NHKラジオ講座などでドイツ語の勉強にも取り組みました。

    『オデッセイIT奨学金』の応募に際しては、IC3(アイシースリー)に挑戦。実は、小学生の頃から日常的に友達のパソコンのメンテナンスをするなど、パソコンの仕組みやハード関連の知識には自信があって、自分のパソコンスキルを確認する意味から、この資格を受験しました。使ったことのないアプリケーション分野に関する問題にはやや苦労しましたが、大半は自分の得意な分野だったので、1回の受験で無事に合格することができました。

    高校留学の目的でもあり、楽しみにしていることのひとつがコミュニケーション。ホームステイ先は人口100人くらいの小さな村なので、その分、村中の人とアットホームに触れ合えるのではないかと期待しています。IC3の取得で、さらに自信のついたIT分野や、趣味のピアノ演奏などを通し、人間関係を広げていければ嬉しいと思っています。また、スイスでパソコンがどのように使われているのかにも興味があるので、しっかりとこの目で確かめて来るつもりです。

これまでの奨学生のご紹介に戻る このページの先頭へ戻る