オデッセイIT奨学金 留学直前インタビュー

第4期奨学生 留学直前インタビュー

  • 今川さん(左)、弊社代表出張(右)

    慣れ親しんだ環境を飛び出し
    “人間として、より成長する!”を目標に頑張ってきます。

    今川大輔さん

    Microsoft Office Specialist取得

    豊田工業高等専門学校3年生
    留学先:ノルウェー 2010年8月出発

    高校留学のきっかけは、同級生がAFSの制度を利用してボリビアに留学することになり、詳しいプログラムの話などを聞いているうちに、“自分も行ってみたい”と考えるようになったからです。「オデッセイIT奨学金」は、学校の授業でExcelを習っていたことがあったので、Microsoft Office Specialist(MOS)試験のExcelの資格取得に挑戦して無事に取得。留学も奨学金もダメ元だっただけに、決定の連絡をいただいたときは夢のようでした。

    僕は、スキーやスノーボードといったウインタースポーツが好きなので、さらにはオーロラや白夜などといった大自然も体感できるノルウェーを留学先に選びました。すでにホストファミリーとは、何度か英語でメールをやりとりしていますが、滞在先はフィヨルドに近いようで楽しみです。また、留学するにあたり、ノルウェー語も勉強しているのですが、現在は留学資料を読むのも辞書を片手に悪戦苦闘中です。

    自分の英語やノルウェー語が通じるのか、友人ができるのかなど、いろいろと不安はありますが、この留学を自分を変えるきっかけにしたいと思っています。慣れ親しんだ環境を飛び出し、“人間として、より成長する!”というのが大きな目標です。そして日本に戻っても、ずっと関係が続いていくような友人を得ることができるように精一杯頑張ってきます。

  • 学校の先輩から聞いた留学体験談がきっかけ。
    「楽しかった! 悔いはない!」といえるような留学にしたい。

    西川 匠さん

    教諭の推薦

    豊田工業高等専門学校3年生
    留学先:アメリカ 2010年8月出発

    「オデッセイIT奨学金」のことは、高校入学時に配布された案内資料で知っていましたが、“留学してみたい!”と考えるようになったのは、AFSで高校留学した学校の先輩からさまざまな体験談を聞いたことがきっかけです。実際、現在通っている学校には多くの留学経験者がいて、同じクラスには僕と同時期に3名の留学する同級生がいます。

    僕自身は海外に行った経験はないのですが、留学先にアメリカを選んだのは、将来仕事で英語を使うだろうと思ったことと、過去に見た映画などのイメージで、“先進的で都会的なアメリカがカッコいい!”と思ったからです。英語の勉強は、NHKの英語番組などで毎日2~3時間ぐらい勉強していますが、まだまだ不安でいっぱいです。親元から離れて暮らすのは、高校1、2年時の寮生活の経験があるので頑張れると思いますが、出発直前のいまは、不安な気持ちと早く行きたいという気持ちが入り混じっています。

    アメリカは季節の行事が日本より楽しそうなので、勉強と併せて外国の文化もしっかりと見聞して、思い出をたくさん作ってきたいです。そして、帰ってきたとき、「楽しかった! 悔いはない!」といえるような留学にしたいと思っています。

これまでの奨学生のご紹介に戻る このページの先頭へ戻る