オデッセイIT奨学金 奨学生からのレター

第1期奨学生からのレター

2007年冬組出発の池上さんからレターが届きました

株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ様へ

2007年度派遣の『オデッセイ奨学金』でアメリカに留学している池上侃です。
少しながら、現在の状況を報告させていただきます。

私は今、アメリカのミネソタ州、Eden Prairieというところにいます。ミネソタ州は北海道より緯度が上で、すでに雪もチラつきはじめています。はじめの頃は言葉の壁、文化の違いに苦労しましたが、今ではだいぶこちらの生活にも適応し、楽しく過ごしています。

ホストファミリーは6人家族。4人が子供で、長男のピーターは大学に下宿しています。私のホストファミリーはとても親切で、本当に恵まれていると思います。同年齢のホストブラザーのチャーリーとはロックバンドを組み、週1~2回、バンドで練習しています。

通っている学校は、州で一番大きい学校で、生徒数3,000人というマンモス校です。
留学生が15人もいるうえに、アジア人もたくさんいるので、「誰が留学生なのかわからない」といった状況です。
最初は友達づくりに苦労しましたが、今ではたくさんの友達ができました。
また、学校の地理の授業では、「PowrtPoint®」使ったプレゼンテーションで、ベストプレゼンターに選ばれました。
これは、IC3の資格を取るために勉強した成果だと思います。
スポーツやアクティビティーの面では、今秋には週2回の「Association Soccer」に所属して、ホストブラザーやシスターとともにプレイしました。
また、冬は、これからさらに寒くなりますが、ダウンヒルスキー部に挑戦しようと思っています。来週の月曜からは、本格的にスキーの練習がはじまる予定なので、とても楽しみにしています。2月になると、一番寒いときには、体感温度マイナス20度にもなるそうです。

私の留学を応援していただき、素晴らしい経験をさせてくださったことには、とても感謝しています。本当にありがとうございました。

これまでの奨学生のご紹介に戻る このページの先頭へ戻る