オデッセイIT奨学金 奨学生からのレター

第7期 奨学生からのレター

2017年の2月(冬組)にアルゼンチンに出発した島内さんからレターが届きました

オデッセイコミュニケーションズ様


上:テンポラリーファミリー(2家族目)と一緒に
下:AFSの支部活動での様子。
  私はみんなの前で能管を吹いて発表しました。

2017年2月から私は、アルゼンチンのリオネグロ州 、ヘネラルロカという街にいます。6月に入り、朝の冷え込みがより激しくなり、学校に長ズボンを履いて行けることの素晴らしさを実感する今日この頃です。

ここまでの4カ月、とても充実した留学生活を送ることができています。3週間前にファミリーチェンジがあり、今はテンポラリーファミリーのところに住んでいます。メンバーはホストマザー、シスター2人、ブラザー2人、犬2匹と私という大家族です。ホストファミリーとの生活は、言語学習だけでなく、一人の人間として成長するうえでも、とても重要だと感じています。次のファミリーが決まるまでの短い間ですが、お互いに良い思い出に残るような楽しい体験ができるといいなと思っています。

学校生活は、最初の頃は言葉も何もわからず、自分の席に座っているだけでした。しかし、友達や先生と毎日話すうちに、相手の言っていることが理解できるようになり、今では友達と一緒にマテを飲んで授業の話をするなど、学生らしくなってきたのではないかと思っています。また、授業を少し理解できるようになったことで、留学当初より楽しく学校に通うことができるようになりました。まだ理解できていない部分や教科がたくさんありますが、ファミリーや友人、先生方に助けてもらいながら、少しずつ理解を深めています。

日本の裏側のこの国に来てから4カ月、たくさんの人と出会い、ときには彼らに助けられながら、日々楽しんで生活しています。日本では想像もできなかったような素晴らしい経験をさせてくださり、本当にありがとうございます。この留学体験は、将来の私の糧になると確信しています。

たくさんの人に支えられていることと、そのことに対する感謝の気持ちを常に忘れず、残りの半年間を、悔いの残らないよう、全力で学び、感じ、挑戦していきたいと思います。

これまでの奨学生のご紹介に戻る このページの先頭へ戻る