ホーム > リレー★エッセイ > Vol.108 平尾 丈さん

リレーエッセイ Vol.108 平尾 丈さん:頭がちぎれるほど考え抜いて表現する場

現在の私を形成するうえで、大学時代の活動は大きな礎となっています。例えば、4年間で3万人以上の社会人に会って話をする機会を作ったこと。自身のアイデアをもとに100以上の商売を展開し、そのなかから2社を登記して起業。そして、そのうちの一つが東京都主催の起業家コンテストで優勝し、その賞金をもとに起業したこと。また、就活して20社以上から内定をいただくなか、自分の会社を継続したまま新卒としてリクルートに入社したこと。こうして歩み進んできた過程のなかで得たものは、すべていまの私の血肉となっています。

起業家として、就職しないという選択肢もありましたが、新卒で会社に入ってビジネスの基本を学び、部下という立場、そして限界まで働くという経験によって胆力を鍛えられたことは、自身の職業人としての幅を広められたと思っています。そして入社10カ月後に、社内の「新規事業プランコンテスト」で入賞した功績が認められ、新会社設立に伴って、最年少社長を引き受けることになりました。それがじげんの前身となったわけですが、設立当社は25歳の若造の自分に対する風当りは強かったです。

しかし、そんなときこそ人の期待値を大きく超えることが重要で、「どうせできないだろう」と思われているのなら、10やるべきことを100やる勢いで考え抜いて動いて成果を出すようにする。すると、おのずと半信半疑だった人たちにも信頼してもらえるようになります。そして、人の期待値を超えるためには日々の積み重ねも大切です。現在、ソフトバンクの孫さんが開催するソフトバンクアカデミア※に参加していますが、彼にはよく「頭がちぎれるくらい考えたのか?」と問われます。ビジネスを進めるうえで、 “集中して考えることを習慣化する”ことは重要で、孫さんが1日1つのアイデア出しをしていると聞き、それなら自分は1日3つのアイデアを出そう、と決めて以来、10年は続けています。

2013年の11月22日、じげんは無事に上場いたしましたが、当社では、「生活機会の最大化」を企業理念とし、人・モノ・情報を構造的に捉えた巨大なプラットフォームを作ることを目指しています。さらに今後は、グローバルな視座のもと、幅広い領域を網羅したサービスを世界規模に展開させていくつもりです。ビジョンは高く、そして必ずやりきる。そしてそれは、1人ではなく仲間と紡いでいくものだと思っています。ともに働くことを通じて壮大なストーリーを仲間たちと織りあげていけることが私にとって何よりの財産です。

私にとって働くことは人生そのものであり、「表現する場」。場である以上、自分で意味を見つけ出していくものだと思っていますし、そのための探究心・行動力はこれからも磨き続けていきたいと考えています。

※「ソフトバンクアカデミア」
ソフトバンク株式会社の孫社長の後継者を育てるべく設立された、人材の発掘・育成を目的とした機関(スクール)。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 今の仕事が好きですか?

    はい。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    仕事以外と区切って考えにくいのですが、IT以外にも、医療やエネルギー等々、あらゆるジャンルに興味があります。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか?
    それはどんなときですか?

    日々全力でやっているので、日々感動に震えています。
    やはり、仲間たちと何かを勝ちとったり、お客様に喜んでいただくときが最も嬉しいです。

  4. 仕事より大切なものは?

    仲間とのつながり。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    “人を助ける仕事をしたい”と考えていて、3歳の頃には医者になると宣言していました。

  6. あなたの子供に仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    考える訓練。知識を詰め込むのでなく、親が教えるのではなく、訓練できるような場に身を置いて自身で学び身につけてほしい。

  7. あなたの仕事にとってコンピュータとは?

    主役でなくてビジネスにおいての併走者。でも、なくてはならないもの。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    「感謝の気持ち」を上手に外に出すこと。
    これまでお会いしてきた、多数の偉い方々に共通していました。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    1時間では全然足りませんが、集中して自分磨きのために時間を使いたいですね。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    一次情報から得られるものを重視しているため、知りたいことがあれば本からではなく直接聞きにいくようにしています。

【2013年12月インタビュー】

株式会社じげん 代表取締役社長
平尾 丈(ひらお・じょう)

【Profile】

1982年、東京都生まれ。慶応義塾大学環境情報学部に在学中、2社のITベンチャーを立ち上げる。2005年に大学を卒業後、リクルートに入社。翌年にリクルートより株式会社じげんの創業に参画。2008年、25歳の若さでリクルートグループの最年少代表取締役に就任。2010年にMBOにより独立し、2013年11月22日に東証マザーズへの新規上場を果たす。最近では、アメリカ合衆国のRed Herring (レッドへリング社)より世界中で最も革新的なテクノロジーベンチャー企業100社に贈られる「2013 Red Herring 100 Global Winners」や、新日本有限監査法人が主催する起業家表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン2013(EY Entrepreneur Of The Year Japan 2013 )」のChallenging Spirit(チャレンジングスピリット)部門において大賞を受賞している。

≪株式会社じげん子会社≫

◆株式会社じげん運営メディアのご案内

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS試験)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る