ホーム > リレー★エッセイ > Vol.142 千田 絵美さん

リレーエッセイ Vol.142 株式会社フロントステージ 代表取締役社長/ 千田 絵美さん

物心ついた時から両親とも共働きで、私は看護師としてガシガシ働く母をかっこいいと思っていた。我が家のカレンダーには「朝から夕方まで仕事の日」はA、「昼までに帰ってくる日」はB、「夜勤がある日」はC、などといった意味のアルファベットが並んでいた。夜に母がいないCの日は何となく嫌いだったし、早く帰ってくるBの日は嬉しかった。
小学6年の頃、母が単身赴任となり、そばに母がいない寂しさのあまり、「私が子どもを産んでお母さんになったら、絶対にママみたいな働き方しない!」と、母に言ったこともある。いま思えば、本当にひどいことを言ったと思う。当時の母の気持ちを考えると苦しい。働く母にそんな悪態をついたにもかかわらず、不思議なことに私自身は、「結婚・出産してもずっと仕事を続けるんだろうな」と、子供の頃から嫌々でなく当たり前のこととして思っていた。そして、小さい頃からなりたかった教師になるものの、就いてから方向性が違ったことを認識。その後、紆余曲折を経て「広報」という仕事にたどりついた(紆余曲折の詳細は、ブログをご覧ください)。

いま36歳の私が、20代後半の頃に母に言われてよく覚えていることがある。それは、「えみちゃんも、早く管理職になったほうがいいよ」というような内容だった。それを聞いて私は、「そうだね!私も早く管理職になりたい」と答えた気がする。しかし、その回答は嘘だった。正直、“管理職になるなんて面倒くさそう・・・”と思っていた。それでも、母を尊敬していた私は、母が言うのだからきっと「管理職」というものになったほうがよいのだろうなと思い、そう答えた。

前置きが長くなったが、私にとっての「仕事観」は、物の見事に母の影響が色濃く出ていた。母に褒められることをやりたい。母が「違う」と言ったことはなるべく選びたくない。母に「すごいね!」と言われることを選びたい。恥ずかしながら、ほんの数年前までそれを無意識にやっていた気がする。「自分の価値観」で選んでいると思い込んでいたことも、実は違ったのである。

そしていま、ようやく仕事のうえでも、「私は、これが好き」「私は、こうしたい」と、本当の意味での「自分の価値観」でセレクトすることを意識できるようになった。誰でも、多少の差はあるにせよ、無意識に親の価値観がインプリンティング(刷り込み)されていると思う。しかし、それに気づいて、ほかの誰の価値観でもなく、自分が「楽しい」「心地良い」「ワクワクする」という価値観で選んだ物事の積み重ねによって、誰かの役に立てて、誰かのハッピーのきっかけになれること。それが私にとっての「仕事」であり、これからも、そこさえ忘れなければ、自分も周りもハッピーになれる仕事ができると信じている。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 今の仕事が好きですか?

    好きです。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    学校を作ってみたいです。

  3. 仕事で、"鳥肌が立つほど感動した"ことがありますか? それはどんなときですか?

    自分がPRしているサービスが、リアルにユーザー様の人生に関わっているところを目の当たりにしたとき。

  4. 仕事より大切なものは?

    家族

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    学校の先生

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    自分がワクワクして夢中になることを見つける力。

  7. あなたの仕事にとってコンピュータとは?

    なくてはならないもの。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    自分がワクワクするかどうか。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    テラス席のあるお店でお茶を飲む。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『ビジネスモデルYOU』[ティム・クラーク他 著 /翔泳社 ]

就活中の学生に向けて

  1. 自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

    ちょっと硬い考えかもしれませんが、「きちんと挨拶をする」「目上の方には敬語を使う」「相手の顔を見て話す」など、コミュニケーションにおける基本的なことでしょうか。

  2. 就活中の学生に、一言 アドバイスするとしたら?

    道に迷った時には、周りの人に褒められること、「すごいね」と言われること、よく頼まれることを思い出して選択してみてください。自分一人が考えていることなんて、驚くほど当てにはならないので(笑)。

【2016年9月インタビュー】

株式会社フロントステージ 代表取締役社長
千田 絵美(せんだ・えみ)

【Profile】

1980年生まれ。山口県(岩国市)出身。大学卒業後、小学校教師、広告営業を経て上京。2006年に「出前館」(ピザ・寿司などの宅配総合サイト)を運営する夢の街創造委員会(株)に広報・社長秘書担当として入社。2008年、化粧品会社の(株)ドクターシーラボに広報担当として入社。2010年、第1子となる娘を出産後、1年間の育休を経て職場復帰。2013年、「STORES.jp」(無料でネットストアを作れるサービス)を運営する(株)ブラケットにPRマネージャーとして入社。2016年9月、「PRを使って表舞台に立つ女性を増やしたい」という想いから(株)フロントステージを設立し、代表取締役に就任。
プライベートでは、働くママのロールモデルをシェアするコミュニティサイト「パワーママプロジェクト」を運営。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る