ホーム > リレー★エッセイ > Vol.143 武田 和也さん

リレーエッセイ Vol.143 Retty株式会社 代表取締役社長/ 武田 和也さん

「人を幸せにできる仕事をしたい」。それが、私がRettyを立ち上げた理由です。
親や祖父が会社を営んでいたこともあり、小さい頃から自分もいつか会社をやりたいと思っていました。学生時代は、ECサイトの運営に夢中になり、そのまま新卒で入社した会社でもECサイトを担当していました。とてもやりがいはありましたが、ECビジネスを運営するなかで自分のやりたいことを見つけました。ECビジネスの何に夢中になっていたのかを分析した結果、自分は「どのように売っていくか」を考えることが好きなんだということに気づき、モバイル広告の会社に就職。モバイルを選んだのは、ECサイトをやっているときから、モバイルからの売上が確実に伸びていくのを実際に見ていたので、自分の“直感”として盛りあがっていくという確信を持てたからでした。そこでの仕事は楽しかったですが、起業するという夢を実現するために3年で退職。次のステップへ進みました。

いつも自分は、“未来に対する直感”、そして徹底的に考えることを大事にしています。「どの山を登るかで、人生の半分が決まる」という言葉がありますが、自分で起業するならどんなことをやるべきか、その山を見極めるため渡米して、1年ほど考え抜きました。ただ稼ぐための仕事はしたくない。世界にインパクトを与えられ、人の役に立つことをしたい。外から日本を見つめ直してみると、日本が世界に誇れるのは「食」だと気づき、「食」を軸にしたサービスを立ち上げることを決意。「食」を通して多くの人を幸せにできるようなサービスを目指して、2010年末に『Retty』をスタートしました。

サービスを開始してから6年、利用者も月間2,000万人を超え、これからさらに2020年の東京オリンピックに向けて、グローバルな展開やインバウンド向けサービスの充実などにも力を入れていきたいと思っています。もちろん、サービスが大きくなればなるほど情報の信頼性には留意しつつ、実名口コミだからこそできる、利用者と飲食店の双方にとってWin-Winのサービスであるようにしていきたいです。

私が学生時代から大切にしている言葉に、「思考が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人生が変わる」というものがあります。人間はどこまでも変われるし、それは、可能性は無限だということ。その言葉を指針に、世界中の“誰かの幸せ”のために価値を提供していくこと、それが私にとっての働くことです。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 今の仕事が好きですか?

    好きというより、“夢中”という状態。頭のなかの大半は常に仕事が占めています。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    お金はあまり関係なくて、仕事が好きでそれをやっているだけなので、特にないです。

  3. 仕事で、"鳥肌が立つほど感動した"ことがありますか? それはどんなときですか?

    これまで何度かあります。起業してサービスをはじめたばかりの頃に、かつての同僚たちがサービスを盛りあげるために熱心に協力してくれたとき。最近では、多額の資金調達に成功した際に、Rettyのユーザーの方たちからお祝いのケーキやワインが届いたとき。皆さんの想いには心が震えました。

  4. 仕事より大切なものは?

    あえて言うなら「時間」

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    父も祖父も会社を経営していたので、小さい頃から自分で会社をやりたいと思っていました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    自分を変えていける力。過去にとらわれず、時代の変化に合せて自身も常に変化していくことが大事だと考えているので。

  7. あなたの仕事にとってコンピュータとは?

    はじまり。ネットビジネスをやっているので、ないと何もはじまらない。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    柔軟性。常に変わっていけること。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    どこかに籠って、考えごとをしたいです。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『勝ち続ける意志力』[梅原 大吾著 /小学館]
    梅原さんは世界一のプロ・ゲーマーで、勝ち続けるための考え方などは仕事に通じるところがあります。

就活中の学生に向けて

  1. 自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

    深堀りして考える習慣。学生のうちから、常に自分がどうなりたいかを考えて行動してきました。
    どのような自分になりたいかを決めておくと、社会人になってからも軸がぶれないです。

  2. 「パソコンスキルがあること」は採用に有利になりますか?

    YES。スキルがないとどうしようもない。

  3. 就活中の学生に、一言 アドバイスするとしたら?

    自分が本当に求めているものを知るために、そのこと考える時間を意識して持つと良いと思います。
    自分が何をしたいかを突きとめることが、どんなキャリアを築くべきかを見極める手立てとなるので。考えても出てこなければ、2~3カ月ぐらい一心不乱に働き続けていくと見えてくることもあります。

  4. 「新入社員にとって必要なモノ3つ」とは?

    1. 高い目標を持つ
    2. いつでも変われる柔軟性
    3. 良い習慣をつくっていく意識

  5. 「学生時代の起業」について

    賛成。夢中になれるコトであれば、早くからやればいいと思います。デメリットはそんなにないように感じます。

【2016年10月インタビュー】

Retty株式会社 代表取締役社長
武田 和也(たけだ・かずや)

【Profile】

1983年愛媛県生まれ。青山学院大学理工学部卒。学生時代からECサイトを3店舗運営。その後、モバイル広告代理店の株式会社NetAge(現United)にて広告代理店に従事。退社後、シリコンバレーへ渡米し、現地でさまざまなビジネス情報を吸収&事業化を模索するなかでRettyを構想。2010年にRetty株式会社を立上げ、代表取締役に就任。2011年6月、実名制のグルメサイト「Retty」(レッティ)のサービス開始。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る