ホーム > リレー★エッセイ > Vol.148 天沼 聰さん

リレーエッセイ Vol.148 株式会社エアークローゼット 代表取締役CEO/ 天沼 聰さん

自分が将来どうなりたいか、そのためにどんな経験を積んでいくべきかの道筋を考えて、これまでのキャリアを形成してきました。

自分で会社を興して経営者になることは学生の頃から心に決めていたので、まずは社会に出て、“起業に必要な基本スキルを総合的に身につけられるだろう”という考えのもと、アビームコンサルティングに入社。9年勤めた後、さらに起業に向けて足りていない3つの経験を積むため、楽天への転職を決めました。その3つとは、「1. グローバルな仕事の経験」「2. 多種多様な仲間と一緒に仕事をする経験」「3. 一から組織を作る経験」でした。コンサルティング業界は、ある意味同じタイプの人間の集まりなので、もっと多様な人たちと一緒に組織を作っていく経験をしてみないと、起業の根幹は掴めないと感じていたので、楽天の海外事業において新しいグループの立ち上げに携わるのはまさにうってつけでした。

2014年にいよいよ起業、ということになり、志を同じくする仲間3人でビジネスモデルを100以上出し合って精査していきました。最終的に4~5案は事業計画書を作り、「ネットビジネス」「シェアリングエコノミー」「一過性の流行で終わらない、ライフスタイルを支えるサービス」という観点から絞り込んだ結果、オンライン・ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」をスタート。2周年を迎えた現在は、登録者数10万人を超え、20~50代まで幅広く反響をいただいています。

創業当初は、まったく異業種からの参入で、かつファッション業界の知識も友人もゼロからのスタートでしたから不安はありました。また、サービス開始前にはいろいろな人に話を聞きに行き、「上手くいかないと思う」という意見もいくつかありました。それでも、物事はやってもいないのに明確な答えを出せる人は100%いないので、まず踏みだして、やってみて失敗したら反省すればいい、というスーパーポジティブな考えからサービスをはじめ、今につながってきました。

今後は、ユーザーに「感動」を与えるサービスとして、より一層の磨きをかけていきたいと思います。ユーザーに「満足」してもらう、というのは要望を叶えれば満たされますが、それを超え、ユーザー自身も気づいていないような出会いや気づきを提供していくことこそ、感動を生みだすサービスだと考えています。

そんな私の働くうえでのポリシーは、全力で楽しむこと。自分にとって、働くことは人生の一部であり、そこだけを切り取って考えることは不可能です。自分が能動的に取り組み、楽しみながら深めていくことが仕事なので、その連なりがひいては人生そのものを豊かなものにしていくと思っています。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    非常に高いです。
    起業を経て、仕事をはじめてからずっと満足度は上がり続けていて、楽しさも増しています。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    「新しいことにチャレンジしようとしている人」を支援したいです。出資も含めたサポートなど。
    自分が起業するときも、先輩方に助けていただいたので。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    多々あります。
    自分たちの作ったサービスがリリースされた時、それを使った方からの声を聞いた時・・・、等々。
    なかでも印象深かったのは、サービス開始前の事前登録の際、想像を超えるほどの反響でアクセスが殺到し、 サーバーがダウンしてしまって必死で対応しているときにいただいたメール。「今あなた方がやっていることは将来ライフスタイルを変えていく素晴らしいことなので、頑張ってください」といった内容で、これにはとても感動しました。

  4. 仕事より大切なものは?

    仕事を単体なものとして捉えていないので比較対象が難しいですが、しいて挙げるならば、
    自分の生き方や考え方を司る“マインド”。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    医者。父親も医者だったので、高校くらいまでは自分も医者になりたいと思っていました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    1.「考える力。自分で導き出す力」・・・難しいことは深く考え、アウトプットはシンプルに。
    2.「ポジティブマインド」・・・物事はネガティブに捉えず、いかにポジティブに捉えられるかが大切。
    3.「素直さ、誠実さ」・・・自分の非を認められる力があれば、学びと成長につなげられる。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    対内外の人とつながるための重要なコミニュケーションツール。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    全力で楽しめること。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    1日の最初に何をするか優先順位をつけて考えているので、特に変わらず、今やるべきことをやります。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『生き方 ― 人間として一番大切なこと』[稲盛和夫 著/ サンマーク出版]
    人生の中で「働く」ということを考えさせられ、心に響いた本。

就活中の学生に向けて

  1. 新入社員に求める最大の「即戦力」とは?

    考える力。ポジティブさ。自分の非を認められる素直さ。この3点をもって
    本気で半年取り組めば、どんな分野でもそれなりの力を発揮できるようになります。

  2. 学生時代のインターン経験は採用に左右しますか?

    自分がどんな人になりたくて、どんな経験をすべきかを考えたうえで、インターンに臨んでいるの
    なら、それは自ずと採用にも影響を与えると思います。

  3. 「学生時代の起業」について

    起業は、人によって適切なタイミングは違ってくるので「賛成/反対」のどちらとも言えない。

  4. 「仕事を楽しむ秘訣」があれば、教えてください

    人生において仕事に費やす時間はかなり長いので、「仕事をこなしている」という捉え方ではなく、
    「人として成長する機会」と捉えて働いていけば楽しめます。

【2017年3月インタビュー】

株式会社エアークローゼット 代表取締役CEO
天沼 聰(あまぬま・さとし)

【Profile】

千葉県出身。ロンドン大学(ゴールドスミス・カレッジ)で経営/コンピューターを学び卒業・帰国。2003年にアビームコンサルティング株式会社に入社。教育系/官公庁系のIT・戦略コンサルタントを約10年にわたり経験。2011年に楽天株式会社に入社。UI/UXに特化したサポートグループを構築し、海外13拠点を取りまとめるWebのグローバルマネージャーを務める。
2014年7月、「発想とITで人々の日常に新しいワクワクを創造する」を理念に、株式会社エアークローゼットを創業。新感覚オンライン・ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」を開始する。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る