ホーム > リレー★エッセイ > Vol.150 山本 憲資さん

リレーエッセイ Vol.150 株式会社サマリー 代表取締役/ 山本 憲資さん

「やっている仕事が、一番の名刺になる」。
その助言が、そもそも起業するつもりがなかった私の背中を押しました。

就活では、雑誌編集という仕事に興味があったのですが、志望する会社での新卒採用がありませんでした。それならば、いろいろな人と仕事ができる職業を選ぼうと考え、コンサルや広告を中心に回り、電通に新卒入社。電通では2年勤めましたが、やりがいは感じつつもなかなか将来像が描けず、真にやりたいことをもっと熱中してやってみたいと思うようになっていきました。そんな折、新卒採用をしていなかったコンデナスト・ジャパンで、『GQ JAPAN』の編集職の中途募集があったため応募したところ、働かせてもらえることになりました。

コンデナストでは、大きな企画の担当となり、さまざまな特集を編集することができたので、日々のめり込んで働いていました。でも、どんなに会心の出来の企画を展開しても思うように雑誌が売れない。やりたかった仕事を熱中してやれているのに成果が出ない、人に届かない・・・。自分の力不足ではあるものの、次第に無力感に苛まれるようになっていきました。そこで、“自分が良いと感じたモノや情報を、より多くの人に伝え共有したい”という望みを叶えるため、Webでの情報発信としてSumally のアイデア(※)を思いつき、周りの人たちに相談してみたところ、「自分でやったほうがいい」という意見が大半でした。そのなかでの「やっている仕事が、君にとって一番の名刺になる」という言葉が、すんなりと自分のなかに落ち、2010年4月にSumallyを設立しました。

2011年にリリースした「Sumally(サマリー)」は、モノを通じてセンスや価値観を共有できる人たちがつながるSNSサービスとして、現在のユーザーは約80万人、登録アイテム数は200万点以上になりました。また、寺田倉庫さんと一緒に何かできないかと考え、2015年に、低コスト高クオリティのストレージサービス「サマリーポケット」もスタート。20代~50代の幅広い世代にご利用いただいており、90%以上の満足度という高評価を得ています。どちらも、これからさらに認知度を高め、多くの人に使ってもらえるよう、日々コツコツとWeb上の改善を積み重ね、いずれ、“爆発的に広がった!”と実感できることがひとつのゴールだと考えています。

私にとって働くことは、生きること。人生において時間は有限なので、やりたいことに自分の時間を使いたい。いまは、共感者同士がコミュニケーションできる、ある種の新しいメディアとしてSumally というビジネスを発展させることがやりたいことなので、営業も雑用も何でもやっていますが、会社勤めの頃より充実していて、苦しくも楽しいのが「自分の名刺」を得たということなのだと思っています。

※ Web上で発信されたモノや情報=「センス」に共感するユーザーを集めて、モノや人との出会いつくるSNSサービス。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    個人的には、満足度はかなり高いです。会社としては、成果を出してこそなので、まだこれからというところです。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    いまやっている仕事が好きなので、結局それに使うと思います。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    仕事で良い成果が出たときは、やはり嬉しいですね。2017年4月は、過去最高の成果が出て、
    昨年同月と比べユーザー数が4~5倍になったことで、ワクワクしましたし、かなり嬉しかったです。

  4. 仕事より大切なものは?

    しいて言うなら、健康でしょうか。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    まったく覚えてないです(笑)ただ、大学生の頃には雑誌の編集者になりたいと思っていました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    稼ぐ手立て。例えば、「いつでも、一千万円稼げます」という気構えでいられるような、“自分が世の中に売れるもの”を、早いうちから幅広く身につけておくと良いと思います。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    必要不可欠なモノ

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    一に努力、二に努力、三、四に努力。とにかくやる続けること。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    普段は、仕事の合間に時間が空いたりすると、美術館などに行っています。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』[森岡毅 著/角川書店]

就活中の学生に向けて

  1. 新入社員に求める最大の「即戦力」とは?

    成長のスピード。きちんと伸びていける人材かどうか。

  2. 今、学生に戻れるならどんな経験をしておきたいですか?

    英語の勉強をするために、1年くらい留学しておきたいです。いまでも、海外留学したいという気持ちはあります。

  3. 「内定」を出すとき、もっとも重視する内容は?

    いまどんなことができるか、というよりも、今後どれくらい成長できる人なのかを重視します。

  4. 第一志望の企業に不採用になった学生に、一言声をかけるとしたら?

    入れるところがあればどこでもいいので一度働いてみて、そこでまず本気を出して仕事に取り組んでみてください。

  5. 学生時代のインターン経験は採用に左右しますか?

    当社でもインターンは受け入れていて、そのなかから一緒にやっていけそうな方に入社してもらうことはあります。どうしても働きたいベンチャー企業などがある場合は、その会社との接点を持つためにもインターンに行っておくのは有用かもしれません。

【2017年5月インタビュー】

株式会社サマリー 代表取締役
山本 憲資(やまもと・けんすけ)

【Profile】

1981年生まれ。一橋大学(商学部)卒業後、電通に入社。その後、コンデナスト・ジャパン社に転職し、雑誌『GQ JAPAN』の編集者に。テック系からライフスタイル、ファッションまで幅広いジャンルの企画を担当。2009年9月にコンデナストを退社して、2010年4月に「Sumally」を設立。2011年9月にモノのSNSサービス「サマリー」をローンチ。2015年9月に寺田倉庫と協業し運営する収納サービス「サマリーポケット」をスタート。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る