ホーム > リレー★エッセイ > Vol.154 大久保 泰介さん

リレーエッセイ Vol.154 株式会社シロップ 代表取締役/ 大久保 泰介さん

大学3年から3年間、サッカーをするためにヨーロッパに留学していましたが、当時は、自分が起業するなんて思ってもいませんでした。2011年に、留学先のロンドンで海外展開する前のグリーのプレゼンテーションを聞く機会があり、「日本からGoogleをつくる」というミッションに共感し、“ここで働くと面白そうだ”と思い入社しました。

入ってみたら、独立して起業する先輩も多く、徐々に「起業」という生き方に魅せられていきました。また、社内では新規事業のコンペにも応募できたので、私も数々のアイデアを出しました。そのなかで、ペットビジネスのプランに評価をいただいたのですが事業化には至らなかった。そこで、先輩からの勧めもあり自分で起業することを決めました。

ペット業界に着目したのは、ペットにまつわる日本とヨーロッパの社会環境の違いに問題意識をもったからです。
イギリスには、厳しい認可基準があるためペットショップはほとんどなく、ブリーダーから買うか保護犬・猫の引き取りが主流で、どちらの場合も飼う前には家族の同意や各種の手順が必要です。日本では、お店で見て気にいれば衝動買いのようにその場で購入して持ち帰れるので、結果的に扱いに困って捨ててしまうケースも多い。加えて日本の保護犬・猫の問題は、ペットショップがオークションでブリーダーの犬や猫を競り落とす制度と深く関わっています。ブリーダーは、見た目の良さや希少な毛色などをもつ市場価値の高い犬や猫を扱うため大量繁殖させる。そこからふるい落とされて、高値で売れない子犬・子猫は競られずに廃棄されてしまうこともあり、多数の保護犬・猫を生んでいる現状があります。
ペットを取り巻くこうした環境を変えたい、知ってもらう場を作りたい、という想いではじめたのがシロップです。

当社では、保護犬・猫と飼いたい人をつなぐマッチングサービス「OMUSUBI(お結び)」と、獣医などの動物に関わる専門家が執筆するWebメディア「ペトこと」を運営しています。「OMUSUBI」では、ペットを飼いたい人と保護団体に登録してもらって、犬や猫のことをきちんと考えて飼い、保護犬・猫から飼いはじめることが普通になる社会を目指しています。「ペトこと」では、信頼性の高い情報提供を通じて、ペットが健康で長生きできる社会を目指しています。
今秋からは、犬用サプリメントの物販を皮切りに、ペットの健康管理を総合的に支援する事業にも取り組みます。犬種や猫種別でなく個体ごとの健康状態に最適なフードやサプリメントの開発、臨床からのリアルデータを蓄積していくための動物病院の開業、その病院とドッグランとオフィスが一体化された複合施設など…、夢は膨らんでいます。

私にとって仕事とは生活の一部。人生は人とのつながりが形づくっていくものであり、働くことで人生も豊かになっていくものだと思っています。ペット業界に身を投じたからには、「人とペットが共に生きる、より良い社会を実現」するため、人とのつながりを大切にしながらとことんやってみたいと思います。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    満足はしていますが、やりたいことはまだまだあって、現状はまだ道半ば。
    本当の意味での満足はまだ先、といった感じです。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    サッカーチームの経営。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    チームプレイが好きなので、仲間と協力してサービスを立ち上げたり目標を達成したときは、いつも感動します。

  4. 仕事より大切なものは?

    自分とその周りにいる大切な人の人生。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    サッカー選手。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    まずは、「自分がしたいこと」を見つけてほしい。そこから、どんなことを身につけていけばよいかが見えてくると思うので。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    サービスをゼロから作る、脳内にある構想をビジュアライズする、スケジュール調整をするなど、仕事を整理するための万能ツール。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    周りの人。仲間。“環境がすべてを左右する”と思っていて、その環境を作るのは人なので。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    走る。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『人生の意味の心理学(上・下)』[ アルフレッド・アドラー著 / アルテ ]
    現在、心理学を勉強中なので、アドラーはよく読んでいます。

就活中の学生に向けて

  1. 今、学生に戻れるならどんな経験をしておきたいですか?

    世界中を旅して、自分にしかないエピソードや経験をたくさん持っておきたいです。

  2. 学生時代のインターン経験は採用に左右しますか?

    左右すると思います。
    2年前、会社に所属した際は人事に携わっていましたが、インターンからの社員採用は、人となりもわかっていますしスムーズでした。もちろん、インターン先以外の企業に就職する場合も、“同業界のインターンをしていた”という経験であれば、何らかの良い影響はあると思います。

  3. 起業するときに一番大切なのは?

    人、仲間。
    私自身は、エンジニアではないのでWeb上のサービスなどは作れませんが、できる人に支えてもらっているからこそ会社が成り立っているので。

  4. 第一志望の企業に不採用になった学生に、一言声をかけるとしたら?

    「一つの会社に絞るのではなく、業界として見ていけばいい」。
    学生時代に「この会社がいい!」と思っていても、その会社の内情までは見きれていないだろうし、入社したら思っていたのと違っていたということもあるので、やりたい業界のなかでいろいろな会社を見ていったほうが良いと思います。
    また、“30歳になったときに、どのようなポジションで、どのような生活と仕事をしていたいのか”を考えてゴールの逆算をすれば、いくつもの可能性があることに自ずと気づくと思います。

  5. パソコンを使えない学生についてどう思いますか?

    モバイルで仕事ができる時代が来るまでは、パソコンは使えたほうが良いと思います。
    キーボードのショートカットは基本中の基本ですが、仕事をほかの人より早く進めるための
    大きなポイントです。

【2017年9月インタビュー】

株式会社シロップ 代表取締役
大久保 泰介(おおくぼ・たいすけ)

【Profile】

1987年、京都生まれ。2012年に同志社大学(経済学部)卒業。在学中は、英・ロンドンでサッカーをする傍ら、ユニクロUKで「+Jプロジェクト」等のプロモーション業務にも携わる。帰国後、大手ソーシャルゲーム企業(グリー株式会社)に入社し、グローバル・新卒採用プロモーション、採用戦略、財務管理会計を経験。2015年3月、「人と動物とが共に生きる、より良い社会の実現」を目指して、株式会社シロップを創業。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る