ホーム > リレー★エッセイ > Vol.156 西井 敏恭さん

リレーエッセイ Vol.156 株式会社シンクロ 代表取締役社長  オイシックスドット大地株式会社 執行役員CMT / 西井 敏恭さん

現在私は、「デジタルマーケティング」を生業にしていますが、そもそも大学の専攻は土木建築。しかも、卒業後に1年勤めて貯めたお金で、2年半ほど世界一周の旅に出ていました。フラフラ遊んでばかりの人生だったのに、それが今では、自分の会社を経営し、同時に上場企業で執行役員も務めて仕事三昧の毎日を過ごしているのですから、人生何が起こるかわかりません(笑)。

マーケティングの世界へ足を踏み入れたきっかけは、世界を旅しながらブログに旅行記をあげていたことでした。2001年当時、Yahoo!のトップページにあったカテゴリ [リアルタイム旅行記] に、私のブログが選ばれてリンクされ、読者が一気に激増し、出版社から本を出してもらうまでに。インターネットの面白さに目覚め、ネット関連の仕事に興味を持ちはじめたのもこの頃です。そんな折、旅行記を読んでいたeコマースの会社の方から求人のお話をいただき、どんな仕事なのかと思っていたら、配属されたのはマーケティング部。ここから私のマーケティング人生がはじまりました。

私が働きだした2003~2004年頃は、グーグルアドワーズやアフェリエイトが日本に入ってきて、SEO、アクセス解析など、次々と新しい手法が台頭してきました。SEOも自分で少し触れば、翌日にはアクセス数が伸び、売上も目に見えて伸びました。とにかくやれば、効果も成果もすぐに出るのが面白く、休みなしでもまったく苦になりませんでした。
そうして仕事にはまり、あらゆることを学んでいくうちに、自分でも起業してみたいと思うように。3年勤めて退職した時点で起業を考えましたが、化粧品のドクターシーラボから声をかけてもらい、まだやったことのないメーカーECの仕事を学ばせてもらえそうだと考え入社。ここでの6年間は、私の基盤を揺るぎないものにしてくれました。

入社前から起業することは決めていたので、2013年末にシーラボを退職し、休息と新しいビジネス探しを兼ねて、10年ぶりに再び海外放浪へ。すると、日本のいろいろな企業からマーケティングの相談や仕事の依頼が次々に。ここで改めて、人も知識も足りていない日本の現状を実感し、「デジタルマーケティング」を核にした起業を決意しました。そして、起業と同時にオイシックスの執行役員にも就任。放浪先の海外からSkypeでコンサルをしていたご縁で、入社を勧められたのですが、起業の決意を伝えたところ、オイシックス(現:オイシックスドット大地)の社長の高島から「2つやればいい」と言われ、そのような人生も面白いかなと思って、現在の肩書きになりました。

シンクロでは、企業コンサルに加え、他社と業務提携して新たなWebメディアも展開しています。オイシックスでは、社外役員などではなくて社内の執行役員という形で勤務。野菜を扱うのはとても難しく、シビアな管理体制とロジカルな仕組みが整えられた会社なので、自分の会社を経営していくうえでも学ぶことが多々あります。
八百屋、その前は化粧品と、学生の頃は想像もしなかったさまざまな業界に深く関わり、興味の幅や知識が広がり、自分の世界が広がっていくのが働く楽しさ。自分が知ってること、得意なことだけ続けるのではなくて、知らないことや苦手なことを乗り越えていくことは、言葉も通じない世界中の知らない国を放浪するような、そんな不安だけどワクワクするような気持ちでいつも仕事に取り組んでいます。今は、きちんとマーケティングができる世界を作りたいと考え動いています。この仕事の重要性を可視化する、仕事の魅力を伝えるなどして、マーケターになりたい人を増やし、マーケターが活躍できる環境を整えていくことが直近の目標です。でも、10年後はどうなっているかわかりません(笑)。やりたいことを全部やろう、と思っています。

私の働くうえでのポリシーは、「かっこ良くあろう」。好きな女性や大切な仲間の前で会社や同僚を愚痴ったり、夢ばっかり語って全然何もしていないのってかっこ悪いじゃないですか。とぼけた顔して実は人の10倍くらい働いて、誠実で価値ある仕事をして色んな人から10倍感謝される。仕事ばかりしてると思ったら、アフリカの奥地とかを冒険してる、そんな楽しそうな生き方をしていきたいと思っています。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    ゼロ。やりたいことがありすぎて、まだ全然できていないので。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    学生の頃からよく海外旅行に行っていて、現在130カ国を周りました。バングラディッシュでは学校を作ったりもしたので、お金が手に入ったら、また貧困国に学校を作ったり、働く環境を整備するようなことに使いたいです。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    苦戦して辛い状況のなか、それを考えて考え抜いて、打開策が上手くはまったとき。
    以前、Webサービスの立ち上げで、テストは上手くいくのに本番だとバグって上手くいかず、半年くらい何度もトライし続けたことがありました。ようやく上手くいったときの感動はいまだに覚えていますし、そのときの仲間はいまも特別です。

  4. 仕事より大切なものは?

    家族、仲間。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    プロ棋士。小学生の頃は県大会で優勝しましたが、全国大会に行ってみると、自分より強い子がたくさんいて、上には上がいるなと。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    失敗すること。そして、そこから逆転することを学んでおいたほうがいいと思います。
    世の中は上手くいかないことばかりなので、失敗したときに「ダメだ・・・」と諦めるのではなく、「次にどのようにやろうかな」と考えられることが大事なので。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    自分のすべて。ないと生きていけません(笑)。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    自己否定。ネガティブな意味ではなく、過去の自分のやり方や成功にしがみつかず、殻を出て前に進むためにもきちんと過去を否定する。技術や自分の経験値、興味も変わっていくので、“現在の自分”が常に最新の状態であることが大切だと思います。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    仕事します(笑)。 1日あったら本を読み、3日あったら旅行します。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『インバウンドマーケティング』[高広伯彦 著 / SBクリエイティブ]
    毎年100冊くらい本を読んでいますが、この数年の中で「マーケティング集客」の意味合いが変わってきたことを気づかせてくれた一冊です。
    これまでのマーケティングは、企業から消費者へ情報をどう発信する(アウトバウンド)か、でした。デジタル、SNSなどにより情報が多くなって、消費者が欲しい情報だけを見る時代になった、という話は10年以上前から言われているかもしれませんが、では、どうやればいいか。LOVABLE(愛される)になることで、お客様が欲しいタイミングでほしい情報を取りに来る(インバウンド)状態になること、は単なるSEOやメールマーケティングの話ではなく、企業そのもののあり方だと思います。

就活中の学生に向けて

  1. 社会人スタートを良いものにするために、学生時代に身につけておきたいスキルとは?

    海外を、できれば複数の国を長期で旅行して、考え方や文化、情報への適応力を持つ。同じ情報でも、見方を変えれば全然違った情報になります。だからこそ、違った方向からものを見たりすることも大切だし、周囲が自分と違う考えであっても受け入れたり、主張したりするスキルがあるといいかな。

  2. 不安や困難に直面したときの対処法は?

    チャンスだと捉える。「もうダメだ・・・」と諦めたり立ち止まったりしないで、この困難な局面をどう乗り越えていこうかと考えてきました。上手くいかないことなんて日常茶飯事だし、その状況を打破して何かを成すときに感動は生まれるので。

  3. 「仕事を楽しむ秘訣」があれば、教えてください

    “自分が選択した”という意識をもつこと。自分が選択してやっている仕事なのだから、嫌だと思うならやめたらいい。辛くても、自分の選択した道だという意識があれば楽しめます。

  4. 第一志望が通らなかった就活生に、一言 声をかけるなら?

    「どうでもよいことだから、気にしなくてよいよ」。
    学生の目線で見えている“理想の会社”なんて、幻みたいなもの。ステージが変われば、また全然違うものが見えてくるし、働いてみたいフィールドも変わってくる。

  5. パソコンを使えない学生についてどう思いますか?

    マズイと思います。パソコンをまったく使わない仕事はほぼないので、パソコンのスキルは身につけておいたほうが良いです。そうでないと、自由を手に入れられなくなります。

【2017年11月インタビュー】

株式会社シンクロ 代表取締役社長
オイシックスドット大地株式会社 執行役員CMT
西井 敏恭 (にしい・としやす)

【Profile】

1975年、福井県生まれ。1999年に金沢大学大学院卒業。2001年から2年半「世界一周の旅」に。その際のWebの旅日記が人気となり3冊の旅の本を出版し、2003年からECの世界へ。小売サイトやモバイルEC、単品通販など大小さまざまなネットショップをはじめ、2013年末までは株式会社ドクターシーラボにてデジタルマーケティングの責任者(CMO)を務めるなど、Eコマースのマーケティングを10年ほど経験。
前職退職後、南極などを旅行した後の2014年6月に帰国して7月に起業。株式会社シンクロでは、CMOのアウトソース事業として、国内大手通販からスタートアップ企業のマーケティング支援や、企業と連携したデジタル事業を協業で手がけながら、オイシックス株式会社のCMO(※)にも就任。次世代のEC戦略を先導している。

※2017年10月よりオイシックスドット大地株式会社へと社名変更。併せCMT(チーフ マーケティング テクノロジスト)に。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る