ホーム > リレー★エッセイ > Vol.157 太田 麻未さん

リレーエッセイ Vol.157 Emotion Intelligence株式会社 代表取締役 / 太田 麻未さん

就職活動で第一志望の会社に落ちたあの日、まさか自分が代表取締役社長になる日がくるなんて思いもしませんでした。

学生時代はリクルートに入るつもりで動き、早くから人事の方とお話する機会もありました。ところが、思いもかけず一次面接で終了。当時は腑に落ちず、とても悔しく思いました。その後、楽天に内定し、ご縁を感じて入社しました。4年ほどエンジニアやディレクター職に従事、ひとつのプロダクトに区切りがつき、次のステージに進みたいと考えていたタイミングでリクルートの方からお声がけいただき、やはり面白い仕事ができそうだと感じて転職しました。

かつて入社したかった会社で働きだしたものの、結局は1年で退社。もちろんリクルートでの仕事も非常に楽しく、しばらくは転職しないつもりでしたが、現社のメンバーと会って話す機会があり、人工知能などの新しい技術をビジネスに活かすサービス(『ZenClerk(ゼンクラーク)』※)がとても興味深く、ベンチャーに挑戦するなら若いうちがいいと考えて再び転職。入社当初は営業に携わっていましたが、1年半ぐらい経った頃に会社の体制変更があり、前代表が退任することに。それを受け、株主から「次の代表に」と打診されたときは、まさに青天の霹靂でした。実感の湧かないままに、いろいろ考えた結果、“自分には失うものは何もないから挑戦しよう!”と、腹をくくって代表になることを決めました。

2016年12月に代表取締役になってからは、とにかく激動の1年。正直、社会人になって最も失敗をしてきた1年だと思いますが、ここにきてようやく組織としての在り方・考え方が整理され、メンバー達と一緒にルール作りをしながら会社の舵の取り方も少しずつ見えてきた気がします。株主や顧問の方たちに知恵を借り、悩みを相談しながら少しずつ代表としての在り方を学んでいるところですが、そういう意味では、大変学びの多い贅沢な1年だったとも思います。
スヌーピーの言葉に、「配られたカードで勝負するしかない」というものがあり、今の私の心境にぴったり重なります。手札にないカードを羨んでも仕方ないので、これからより一層サービスを磨いていくためにも、カードの活かし方をフル稼働で考えていくことが大切だと思っています。

現在、約700社に導入いただいている『ZenClerk(ゼンクラーク)』は、ブラウザ上のユーザーの「購買意欲」に着目した点が他にはない強みで、AIが検知したECサイトの画面上で購入を迷っているユーザーを後押しするかたちでクーポンが配布されます。この、ユーザー行動の解析で得た「意欲&関心のデータ」は多角的な活用が可能なので、今後は、在庫管理と連動させて消費期限のある商品を売り切るスシステムなどさまざまなサービスの提供を通じて、クライアントのビジネスのお手伝いをしていければと考えています。

私にとって働くことは、「自己表現の手段」。小学生の頃から、世の中に大きな影響を及ぼしていきたいと思っていました。自分の役割・ポジションにこだわりはありませんが、社会にインパクトを与えられることにずっと携わっていきたいです。

※「ZenClerk(ゼンクラーク)」:感情特化型人工知能Emotion I/Oを活かし、ユーザーのマウスの動きやページ遷移情報などをリアルタイムで取得・解析。購入を迷っている瞬間を検知しクーポンによる最後の一押しを行うWeb接客ツール。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    満足度は、まだまだ低いです。自分に足りていないところがたくさんあるので、もっとこれから頑張らなければいけないと思っています。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    世界中を自由に巡りたいです。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    社会人になってからずっと、サービス提供にまつわる仕事を続けてきたので、自分が考えたものやチームが作ったものが、形になって、社会やお客さんに受け入れられるのを肌で感じるのが純粋に面白いです。今もお客さんの反応を直に見ることができ、そこで実際に喜んでもらえたときは感動しますね。

  4. 仕事より大切なものは?

    睡眠と食事のどちらが大切か、というのを決められないのと同じで、仕事もそれ以外もすべてが人生の一部です。自分の生活を楽しく刺激的にするためにやっているのが仕事。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    キャリアウーマン。
    小学生の頃、『桃の天然水』という飲み物がとても流行りました。テレビCMやおまけ付きなどといったアプローチ次第で、ただの桃ジュースを多数の人たちが買っていくのが興味深く、「これは、誰かが考えてムーブメントを起こしているのだな」と気づき、早く大人になって「自分も仕掛ける側になりたい。仕事をしたい」と強く思っていました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    興味のあることを、好きなだけ探究する好奇心。
    将来何が役立つかなんてわからないので、興味のあることはどんどん学んで好奇心をもって物事に取り組んでいくといいと思います。学んで損なことは何もないので。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    パソコンがないと何もできません。ずっとIT系の業界にいるのもあるし、小学生の頃からパソコンは好きです。やれることがとても幅広いので、可能性が広がります。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    諦めずに続けること。
    まずは続けないことには、どうにもならないと思っています。どんな華やかな成功も、コツコツ地道にやってきた下積みがあってこそ。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    ヨガ。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『 日本3.0 2020年の人生戦略 』[佐々木 紀彦著 / 幻冬舎 ]
    仕事に直接役立つというものではないですが、2020年の日本がどうなっていくのか、経済や政治、歴史などさまざまな視点から描かれており、大変興味深かったです。つい目先のことでいっぱいいっぱいになってしまうことが多いですが、「数年先にどうなっていくのか? 自分はどうなりたいのか?」を考えていける人間になりたいです。

就活中の学生に向けて

  1. 社会人スタートを良いものにするために、学生時代に身につけておきたいスキルとは?

    教わる力。人から吸収できる力は、スキルだと思います。
    若いうちはたくさんインプットしていかなければ、アウトプットもできないと思うので、変に遠慮したりせず、先輩に教わる姿勢を身につけておくと社会に出て役立ちます。

  2. 不安や困難に直面したときの対処法は?

    1人で長く溜めこまない。人に相談するなり、モヤモヤを発散するポイントを見つけて、短期間で吐き出すようにしています。

  3. 「仕事を楽しむ秘訣」があれば、教えてください

    得意なことをどんどんやっていく。苦手なことでつまずいている時間があったら、それが得意な人を探すなり別の手段を考えて、代わりに自分は得意なことを人より多くやっていくようにする。

  4. 第一志望が通らなかった就活生に、一言 声をかけるなら?

    「あまりこだわらなくていいと思う」
    就活時には、“やりたいことがないといけない”みたいな風潮がありますが、そもそも学生は仕事に対する正確な選択肢を持っていないので、知らないなかで何をやりたいかを決めるのは難しい。実際に第一志望に落ちた私から言わせてもらえば、強くこだわらなくてもいいと思います。

  5. パソコンを使えない学生についてどう思いますか?

    社会人スタート時に、パソコンでつまずくのはもったいないので、最低限のことはできるようになっておいたほうがよい。先輩としても、新人に一からパソコンの使い方を教える時間はとれないので。

【2017年12月インタビュー】

Emotion Intelligence株式会社 代表取締役
太田 麻未(おおた・あさみ)

【Profile】

1987年生まれ。2010年に早稲田大学卒業後、新卒で楽天株式会社に入社してECや決済領域での事業企画・開発などを経験。2014年に株式会社リクルートライフスタイルに転職。決済事業に関わる業務を、役職を超えて横断的に経験。2015年に機械学習・人工知能を用いて新しい価値を生み出すビジネスに惹かれ、Emotion Intelligence株式会社に参画。2016年12月に代表取締役に就任。

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る