ホーム > 試験に関するポリシー

試験に関するポリシー

株式会社 オデッセイ コミュニケーションズが運営するすべての試験は、以下の試験に関するポリシーが適用されます。

本人確認

受験者は、試験当日、受験前に試験会場にて写真付き身分証明書(原本) または、資格試験サイトで案内をしている身分証明書の提示が必要です。

試験ルール

受験者は、秘密保持契約ならびに資格試験ごとに規定されている再受験ルールや試験団体が定めるルールへ同意する必要があります。不正にこのルールに違反したことが判明した場合は、その試験結果は無効になります。

不正行為

以下の行為を不正行為とみなし、オデッセイ コミュニケーションズが不正行為と判断した場合は、試験の中断、試験結果の無効化、試験団体への通報、既存の認定資格のはく奪、およびそれに付随するその他の権利や将来にわたる受験資格のはく奪などの措置を取ります。また、不正行為と判断した場合、試験の受験料は返金いたしません。

  1. 下記の持込禁止物を試験会場内に持ち込むこと
    携帯電話 / 問題集・参考書類等 / 飲食物/ メモ用紙・筆記用具・USBメモリ・カメラ・ビデオなど試験内容を複写できるもの
    (ただし会場にロッカーなどの設備がない場合には、試験官の指示に従ってください。)
  2. 試験中に他人の解答をのぞき見ること
  3. 試験中に援助を与えたり、受けたりすること
  4. 試験中に筆記用具を使用すること
    (受験者ID・パスワード記入時、試験で利用を許可されている場合、または試験で認められている場合を除く)
  5. 他の人に代わり試験を受けようとすること
  6. 紙・USB メモリなどの形態を問わず、試験内容・試験結果およびアナウンス内容(口頭・紙面上・端末画面上を問わない)を複写、または試験会場外に持ち出そうとすること
  7. 試験中にコンピュータ端末、またはソフトウエアに損傷を与えようとすること
  8. 試験中に試験とは関係のないアプリケーションや画面を起動・操作すること
  9. 他の受験者の妨害となる行為を行うこと
  10. 試験官の指示に従わないこと
  11. 試験官が不正にIDを取得して、または他の試験官IDを使用して、自分の試験を自分自身で認証して試験を受験すること
  12. 試験結果レポートや認定証、合格証の改ざん
  13. オデッセイ コミュニケーションズ、または試験団体の許可なく試験問題を開示すること
  14. その他、オデッセイ コミュニケーションズが不正行為とみなす行為

2011年11月20日

このページの先頭へ戻る