ホーム > 個人の方へ > 資格試験のご案内

資格試験のご案内

Excel、Word等のアプリケーションやプログラミング、コンピュータとネットワーク、コミュニケーションスキルなど
  • MOS マイクロソフト オフィス スペシャリスト

    毎日の仕事に不可欠なWord、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Officeのアプリケーションソフトを使いこなせる実践的なスキルを証明する資格試験。
    多数の国と地域で実施されている世界共通の資格です。

  • マイクロソフト テクノロジー アソシエイト

    セキュリティ、ネットワーク、データベースなどのITに関する基本的な知識や考え方が習得できる資格試験。ITエンジニアとしてのキャリア構築を目指す学生や、IT関連事業を行う企業や担当部署で働く社会人が職場で活躍するための第一歩となる資格です。

  • ビジネス統計スペシャリスト

    「ビジネス統計スペシャリスト」は、一般のビジネスパーソンに必要とされる"データ分析の実践力"を評価する資格です。身近に活用できるエクセルを使用したデータ分析技能と、分析結果を正確に理解し応用する能力を評価する試験科目「エクセル分析スペシャリスト」を実施しています。

  • IC3(アイシースリー)

    コンピュータとインターネット利用時に必要とされる「知識」「スキル」「モラル」の習得を総合的に証明できる世界共通の資格試験。
    IT社会に生きるすべての人に役立つ、“デジタルリテラシー”が身につきます。

  • VBAエキスパート

    ExcelやAccessのマクロやVBA(Visual Basic for Applications)のプログラミングスキルを証明する資格試験。作業の自動化や大量データの一括処理などの、より高度な業務を行う実務力が習得できるため、業務効率の飛躍的な向上につながる資格です。

  • アドビ認定アソシエイト

    Adobe® Photoshop®やAdobe® Illustrator®などのアドビ システムズ社のソフトウェア製品のスキルを証明する資格試験。世界中のクリエイティブ分野で広く活用されている主力商品を使いこなす能力を証明できる資格です。

  • 統計検定

    「統計検定(http://toukei-kentei.jp/)」は、一般財団法人 統計質保証推進協会 統計検定センターが主催し日本統計学会が公式認定する"統計に関する知識や活用力"を評価する全国統一試験です。2011年より試験が開始され、中高生・大学生・職業人を対象に、レベルに応じた体系的な国際通用性のある統計活用能力を認定されています。

  • コンタクトセンター セミナー試験

    コンタクトセンターでの就労を目指す方や現場の中核を担うプロフェッショナルをはじめ、顧客対応において、すべての企業が必要とするコミュニケーション力を認定する資格試験。各レベルに応じた全6科目の資格があります。

  • Rails技術者認定試験 Rails技術者認定試験

    Ruby on Railsの専門知識の習得を評価することで、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的とした資格です。

  • リユース検定 リユース検定

    リユースショップ営業に必要な知識を備えた人を認定する資格です。

このページの先頭へ戻る