ホーム > 個人の方へ > 就活の答え > 自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

就活の答え

自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

  • 答え

    フットワークの軽さ。
    いまの仕事がスタートアップの業界に所属しているので、大企業と競り合うためにフットワークの軽さは必須。まずは行動してみるのが重要です。
    計画よりも、行動を繰り返したほうが結果に結びつきます。

    田中さん写真

    株式会社仕事旅行社(仕事体験型サービス業)
    代表取締役
    田中 翼

  • 答え

    敬語、礼儀、折れない心。

    坪井さん写真

    ヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社
    代表取締役(看護福祉士)
    坪井 俊憲

  • 答え

    深堀りして考える習慣。学生のうちから、常に自分がどうなりたいかを考えて行動してきました。どのような自分になりたいかを決めておくと、社会人になってからも軸がぶれないです。

    武田さん写真

    Retty株式会社(情報サービス)
    CEO
    武田和也

  • 答え

    コミュニケーション力。すべての仕事のベースは、コミュニケーションであったため。学生時代のアルバイト経験が役に立ちました。

    浜本さん写真

    株式会社Humanext
    代表取締役
    浜本 亜実

  • 答え

    社会人になるとこれまで接点のなかった人と付き合うことになります。
    世代、性別、職位に捕らわれずコミュニケーションをとることができれば、たいていのことはうまくいきます。

    三好さん写真

    株式会社ノヴィータ
    代表取締役社長
    三好 怜子

  • 答え

    ちょっと硬い考えかもしれませんが、「きちんと挨拶をする」「目上の方には敬語を使う」「相手の顔を見て話す」など、コミュニケーションにおける基本的なことでしょうか。

    佐々木さん写真

    株式会社フロントステージ
    代表取締役社長
    千田 絵美

このページの先頭へ戻る