MOS試験の勉強方法を提案する
無料Webセミナーのご案内

MOS試験の勉強方法で悩んでいる方はぜひご参加ください!

当社にて配信している『Microsoft Office Specialist(MOS試験)』は、エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。
MOS試験の対策として、「操作方法(手順)を覚える」勉強から「理解する」勉強へのシフトをご提案しています。
今回は、Excelの入力規則をテーマとし、疑問を解決しながら理解を深める方法をご紹介していきます。

第9回 Excelの入力規則

日程 2021年6月9日(水)
時間 12:10~12:30
参加費 無料
定員 先着100名
実施形式 ZOOMウェビナーを使用したオンラインセミナー
※お申込いただいた方には、後日URLをメールにてご案内いたします。
内容 MOS Excel上級レベルの出題範囲に含まれる「データの入力規則を設定する」からリスト入力の設定方法やエラーメッセージの表示方法、日本語入力のオン・オフ設定などを実際のExcel画面を使って紹介します。
「こんなケースはどうすれば?」という疑問を解決しながら理解を深めていきます。
プログラム
  • はじめに(セミナーの目的、流れ)
  • MOS試験のご紹介
  • Excel画面を使った機能の紹介
    • リストからデータを入力するには?
    • 独自のエラーメッセージを表示させるには?
  • 効率よい作業方法とは?
申込方法 申込フォームからお申し込みください
お申込はこちら
  • セミナー時間は変更になる場合がございます。その場合、お申込いただいた方にご連絡させていただきます。
  • プログラム内容は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
BUSINESS

Microsoft Office Specialistとは

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、ExcelやWordなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。現在はOffice 2013・2016・2019の3バージョンでアプリケーションごとに試験を実施しています。

詳しくはマイクロソフト オフィス スペシャリストの公式サイトへ
https://mos.odyssey-com.co.jp/

TOP