ホーム > 個人の方へ > 丸の内331 > ヒットの積み重ね

丸の内331

たいくうごう taikuugou

ヒットの積み重ね

丸の内331住人の大空号です。
人間の年齢で言うと50代半ば、働きはじめて30年以上。
これまでの経験をもとに、ビジネスとキャリアについて考えていきます。
大空号の「お宝」のひとつに、イチロー選手サイン入りのバットがあります。
イチロー選手が渡米する直前、当時、イチロー選手が所属していたオリックスのオーナーである宮内義彦さんを招いたある夕食会で、多数の希望者のなかからクジ引きで勝ち、宮内さんから手渡しでいただきました。
(運の良さは大空号の得意技のひとつです)


渡米する直前のイチロー選手のサイン入りバット

アメリカにわたってしまったイチロー選手は、メジャーで3000本安打を達成しました。
発言を集めると名言集になってしまうイチロー選手ですが、大空号が最近感心したイチローの名言は、「一回の打席では一本のヒットしか打てない」というもの。
当たり前すぎてどこが名言なんだと、ヤジが飛んでくるかもしれませんが、味がある言葉だなあと、大空号は感心しています。
われわれ凡人は大した努力をしないのに、なんとなく希望や夢を描いてしまうのですが、天才イチローは努力の人。根拠のない期待なんて持たない超リアリスト。
一回一回の打席に真剣に臨んでいるんだろうなということを、この言葉から感じるのです。
一本一本のヒットの積み重ねがあって偉業が達成される!

(2016年8月 大空号)

  • 丸の内331 きっかけ
  • 丸の内331 ラインホルド・ニーバーの祈り
  • 丸の内331 資格試験の役割、捉え方
このページの先頭へ戻る