ホーム > リレー★エッセイ > Vol.168 角田 千佳さん

リレーエッセイ Vol.168 株式会社エニタイムズ 代表取締役CEO  角田 千佳さん

子供の頃からずっと、国連で働きたいと考えていました。
小学生の頃にニュースで見た、世界の貧困地域の状況や、当時国連難民高等弁務官だった緒方貞子さんの活躍に感銘を受け、将来は開発途上国で開発援助や街づくりをすることを目標に生きてきました。その気持ちは大学の就活時も変わりませんでしたが、国際公務員の前に、まずはビジネス経験を積みたいと考え、民間企業で働くことに。そして、ビジネスや経済について幅広い視野で学ぶことができると考えた、業界トップの野村證券に入社しました。約2年半勤めるなかで、さまざまな業種の企業と接し、また、数多くのベンチャー企業の存在も知るうちに、次第とビジネスによる社会課題解決の可能性を考えるようになっていきました。「0から1を作る仕事」をしてみたいと考えていた折に、学生時代にインターンをしていたサイバーエージェントの元上司が新しくPR会社を立ち上げた話があり、そこに私も転職させていただくことを決めました。

転職後は、新しい環境で仕事も充実していましたが、並行して国際公務員に向けて、大学院受験の勉強もはじめていました。そんな折、国連と関連している仕事に就いている友人から、「あなたのやりたいことは、国連でなければできないの?」と問われ、その言葉にハッとしました。確かに、自分がやりたいことは起業してビジネスというかたちで取り組むこともできる。また同時に、日本社会で5年間働いているなかで、開発途上国だけでなく、むしろ身近な日本にも多くの社会課題があることも実感していました。特に大きく2つの社会課題です。1つ目は、今後加速していく高齢化社会において、地域内の互助システムが必要不可欠であること。2つ目は、仕事や会社をネガティブに捉えている日本の現況。世界の貧困地域へ行った際に、決して裕福ではない彼らよりも、日本の働く人々は憂鬱そうな人が多く「裕福さと幸福度は比例しない」ことを実感していました。そこでまずは、そういった身の回りの日本の社会課題から解決していきたいと考え、“豊富な幸せの尺度を持った社会の実現”を目指し、起業を決意。それが、現在のエニタイムズのサービスにつながっています。

2013年に株式会社エニタイムズを設立し、日常のちょっとしたお困りごとを簡単に依頼・請負できるサービス「ANYTIMES(エニタイムズ)」をリリースしました。アプリを使うこのサービスは、仕事を依頼する側と請け負う側の個人同士が責任を持ってやりとりするプラットフォームで、現在のユーザー数は約5.2万人。20代後半から40代前半の方が大半を占め、男女比は約半々です。最近はシニア層のユーザーも増えはじめ、創業から6年の間のITリテラシーの変化を感じています。人気のあるカテゴリは掃除と料理で、依頼ニーズの高いユーザーさんの何人かは独立して起業しました。彼らから、『自分のスキルに自信が持て、起業までできて人生が変わりました』といった言葉をもらったときは感動しましたし、このサービスを続けてきて良かったと強く思いました。今後は、自治体や他社とも協力しながら全国にこのサービスを波及させ、より多くの方々の生活を豊かにすることができるようにしていきたいです。

私が働くうえで大切にしている言葉に、『愚公移山※』があります。どんなに困難なことも諦めずコツコツやり続ければいつか必ず叶うー。私たちのサービスは、まさに小さい積み重ねの連続ですが、地域社会や高齢化社会に絶対必要なサービスになると信じているので、これからも小さな一歩一歩を踏みしめながらやり続けていきます。

※『愚公移山』
中国の愚公という名の老人が、家の前にある二つの大山をほかへ動かそうと土を運びはじめた。人々はその愚かさを嘲笑したが、愚公は子孫がその行いを引き継げば山を移動させられるだろうと、一向にひるまなかった。その志に感じ入り、天帝(神様)が山を移動させ平らにしたという故事に基づく。(『列子』湯門篇より)

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    楽しく仕事をしており、とても満足しています。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    昔からやりたかったことですが、世界の貧困地域の開発援助や街づくりに使いたいです。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    エニタイムズで請け負った仕事をきっかけに、何人かのユーザーさんが独立・起業したとき。

  4. 仕事より大切なものは?

    固定観念や社会の枠に囚われず、個人が自由に選択できて豊富な幸せの尺度を持った社会の実現を目指しているので、仕事とそれ以外をあまり分けて考えていないのですが、家族を大切にしています。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    小学校3年の頃から起業するまで国連で働きたいと思っていました。それより前は、ガリレオ・ガリレイのような、宇宙や地球の謎を解き明かす天文学者になりたかったです。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    自由に発想すること。固定観念に囚われず、自分の頭で考える力。
    昔、私自身も、周りの意見や固定観念に囚われて、「良い学校に入らなければ」などと、漠然と考えていたことがあったので。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    ツール。当社は、全社員がリモートワークで働いているので、パソコンやスマホは日々使っており、なくてはならないものです。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    「成功したい」と思ったことは一度もないです。誰もが幸せだと思って働けることが大切だと考えているので、それが達成されれば成功になるのかもしれません。一方、会社を続けていくために大切なのは、“変化”だと思います。『強いものでも賢いものでもなく、変化に対応できるものが最後に生き残る』というダーウィンの言葉は、生き物だけでなく企業にも当てはまると思います。創業から6年の間に、当社もいろいろと変化がありました。時代の変化に対応していけることが何より重要だと感じています。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    ネット環境を遮断して、新しいアイデアや今後のことを考える。最近は、ネットワークにつながっていなくて、誰からもコンタクトされない時間というのが作りにくくなっているので。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    特定の本ではありませんが、ガリレオ・ガリレイの伝記など、日本・海外問わず、伝記や歴史書からは、学ぶことがとても多く好んで読んでいます。

就活中の学生に向けて

  1. 今、学生に戻れるならどのような経験をしておきたいですか?

    何かひとつのことを深めて研究したいです。社会に出るとあれこれとやることが増えるので、大学時代にできることのひとつだと思います。

  2. 「内定」を出すとき、もっとも重視するのは?

    正直であること。物事に対して謙虚であること。その姿勢が基本にあれば、成長できると思うので。

  3. パソコンを使えない学生について、社会人の先輩としてどう思いますか?

    別のツールで同じようにできるなら、それでいいと思います。テクノロジーの進化のスピードは速いので、スタンダードが今後どう変化するかもわからないので。

  4. 自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

    健康。大学時代はチアダンス部に所属して毎日練習に明け暮れていて、社会人になっても病気とは無縁で、自分のやりたいことに全力で取り組めたので。ですが、昨年人生で初めて手術をして、数日寝たきりになる経験をしました。その際に、健康の大切さを強く再認識しました。

【2018年11月インタビュー】

角田 千佳(つのだ・ちか)
株式会社エニタイムズ 代表取締役CEO

【Profile】

1985年東京生まれ。慶應義塾大学(法学部政治学科)卒業。2008年に新卒で野村證券に入社し、その後IT企業を経て、”豊富な幸せの尺度を持った社会の実現”を目指し、2013年5月に株式会社エニタイムズを創業。同年末に、犬の散歩や家具の組み立てなど、日常のちょっとしたお困りごとを簡単に依頼・請負できるサービス「ANYTIMES」をリリース。

 

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る