トピックス一覧

  • エンドユーザーのためのICTリテラシー

    • デジタルリテラシー
    • 体系的に学ぶ
    • IC3

    プリンストン大学 ブライアン・カーニハン教授の「教養としてのコンピューターサイエンス講義」という本が話題です。ブライアン・カーニハン氏といえば、AT&Tベル研究所に在籍し、デニス・リッチー氏とともにC言語の開発に貢献したとして有名です。C言語を勉強したことがある人なら、カーニハン&リッチー(通称K&R)の名前は誰もが知っていることでしょう。その著者が1999年から約20年もの間、内容をアップデートしながら続けたプリンストン大学での人気講義をまとめられた書籍で、多くの著名人が絶賛しています。

  • Python資格レビュー 難易度や学習時間の目安

    • Pythonの資格
    • 資格レビュー
    • 学習時間の目安

    Pythonのスキルが習得できる資格、「Python 3 エンジニア認定基礎試験」と「MTA|Pythonを使用したプログラミングの基礎」。このPythonの資格試験を、ITの教育分野で活躍されているお二方に受験いただいた資格レビューをご紹介します。

  • Pythonの資格の種類と比較

    • Pythonの資格
    • 比較
    • 資格の難易度と試験対策

    AI(人工知能)やデータ分析活用など、IT業界における注目分野で標準的に使われているプログラミング言語Python(パイソン)。より成長が期待される分野であることから、Pythonエンジニアの重要性は高まっています。初心者にも、比較的習得しやすいプログラミング言語として知られており、初めてPythonの学習に取り組む方に最適な資格もあります。以下に、Pythonが学べる2つの資格を比較しました。

  • これからの日本の情報人材育成を考える

    • Python
    • 情報教育
    • インタビュー
    • 初めてのプログラミング
    • 京都大学

    世界的な規模で情報化が進み、現在はAIや機械学習、ロボティクス、さらには量子コンピュータなどその進歩はとどまるところを知らない。そうしたテクノロジーの拡がりを支える情報人材の育成が急務とされる中で、情報教育をいかに進めていくかが重要な課題となっている。京都大学で長年教鞭をとり、わが国の情報教育の充実・改善に取り組み、最近ではみずから執筆したPython の教科書が大きな反響を呼んでいる喜多 一先生に、これからの情報教育のあり方や学習者へのヒントを伺ってみた。

TOP