ホーム > リレー★エッセイ > Vol.168 澤村 大輔さん

リレーエッセイ Vol.168 株式会社リンクライブ 代表取締役 澤村 大輔さん

幼い頃から、「世の中に価値あることを生み出したい」と思ってきました。自分にしかできない価値を世の中に提供したいという想いを強く持っていたのを覚えています。

大学は法学部を専攻。一時期、将来の仕事に弁護士を考えたこともありましたが、あるきっかけに出会い「自分がやりたいことはビジネスだ」ということに気付きました。そこで、ITベンチャーでインターンをしながら、起業に向けてすぐ動くつもりでいました。ですが、インターン先の実務の現場で自身の実力不足を痛感。そこで、ビジネスの力の基盤を培うため野村総合研究所に経営コンサルタントとして新卒入社しました。
起業への意志は変わらなかったので、しばらくして退社。その後、紆余曲折を経て、現在運営している株式会社リンクライブを設立しました。実は、設立時点では「世界を突き動かすようなサービスを作りたい」という想いだけはありましたが、具体案も仲間もない状態でした。そこでまずは仲間を探すためにネットで検索したところ、そこで見つけたサイトで非常に優秀なエンジニアの書き込みをたまたま発見。話していくと、偶然にもその相手と自分は生年月日まで同一で(しかも元旦被り)、これは神様からの何かのメッセージだろうと思い、そのエンジニアと会社を設立しました。

最初にリリースしたのは、Webサイトに対するユーザーのリアルな声が把握できるサービス『鬼ツッコミ』。反響も大きくいただいたのですが、「集めた声を元に、コンサルティング支援をして欲しい」というご要望を多くいただき、どうしてもコンサル色の強いものになってしまっていました。コンサルティングサービスのように、ある特定のお客様に価値を提供することも非常に意義があるのですが、自分としては「世界を突き動かすサービスを作りたい」という想いが強く、世界中のより広い範囲に影響を与えられる可能性のあるWebサービスをどうしても手掛けたいと思い、社内で改めてアイデア出しを実施しました。最終的にアイデアは120個出ましたが、検証の結果すべてボツに。この時やりとりした社内情報は、流行っていたビジネスチャットツールで共有していたのですが、過去に話した内容を見返したいときの使い勝手が悪く、「共有した情報が流れていってしまうのではなく、必要な情報がすぐ見られるようにストックされたら良いのに」と仲間と話していく中で、「それだ!」と気付きました。机上でアイデアを出してもダメでしたが、ビジネスアイデアは、ふとした日常の中からポロリと出てきました。それが、情報共有サービス『Stock』の生まれた瞬間です。

2018年4月に正式リリースした『Stock』は、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。ITの専門知識がなくても迷うことなく使える点が特徴で、導入先の学習塾さんでは、ITに詳しくない65歳の方でも、何の説明もなくすぐに使いこなせる程シンプルなプロダクトです。これまで広告費は1円たりとも使っていませんが、正式リリースから約半年で、口コミだけで様々な業種の8,300社に『Stock』を導入していただいています。この事実が、“世の中に必要とされているサービスなんだ ”という実感と自信につながっています。現在は、日本中はもちろん、世界中のあらゆる国のビジネスシーンに『Stock』が浸透するよう、日々プロダクトをブラッシュアップしている状況です。

私にとって働くこととは、自分にしかできない価値を生み出すこと。自分が生まれていない世界線と自分が生まれた世界線との差分こそが、自分が世の中に価値を創出できた部分だと思っています。その差分を広げていくためにも、心からやりたいと思えるこの仕事に全力で取り組み、世の中に価値を生み出していきたいと思います。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    とても高いです。ようやく自分がやりたいと思えるミッションが見つかり、それに取り組めているので。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    ハワイに移住

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    情報共有サービス『Stock』をご利用いただいたまったく面識のない方から、「Stockこそまさに自分たちが求めていたものでした。作ってくれて本当に感謝している。」とメッセージをいただいた時。 これが、私たちにとって初めての有料ユーザーだったので、自分たちのサービスが世の中に認められた第一歩として、非常に勇気づけられたことを覚えています。

  4. 仕事より大切なものは?

    家族・一緒に仕事をしているメンバー・仲の良い友人。つまり、自分を信頼してくれている人たち。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    サッカー選手

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    タフさ

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    ないと、何もはじまらないです。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    信念を持つこと

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    現在のプロダクトの次の計画について、仲間と議論をしたい。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『逆説のスタートアップ思考』[馬田 隆明 著 / 中央公論新社]
    自分たちがまさに今何をすべきかが書かれていて、とても勉強になりました。

就活中の学生に向けて

  1. 今、学生に戻れるならどのような経験をしておきたいですか?

    急成長しているスタートアップでのインターン。あとは留学や世界一周旅行。

  2. 自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

    相手の話をメモりまくる習慣

  3. 不安や困難に直面したときの対処法は?

    解決策を探すために、仲間とディスカッションする。
    あと、ネガティブになっている時は寝不足なことが多いので、しっかり寝る。

  4. 第一志望が通らなかった就活生に、一言、声をかけるなら?

    「そんなに行きたいなら2年後に転職すれば?」
    自分の市場価値を高めるためにどうすれば良いか考えて2年間過ごすことになるので、成長速度も高まり一石二鳥でオススメです。

【2018年12月インタビュー】

株式会社リンクライブ 代表取締役社長
澤村 大輔(さわむら だいすけ)

【Profile】

1986年東京生まれ。早稲田大学(法学部)卒業。2009年、野村総合研究所(NRI)に経営コンサルタントとして入社。消費財・サービス産業などのB to C事業領域を中心に、国内大手企業に対する事業戦略立案・新規事業策定などのプロジェクトを中心に従事。同社を退職後、自らWebサービスを運営するとともに、Web/決済業界を中心とした戦略コンサルティングに従事。2014年、株式会社リンクライブを設立。代表取締役に就任。

 

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る