ホーム > リレー★エッセイ > Vol.168 澤村 大輔さん

リレーエッセイ Vol.170 株式会社ユカシカド 代表取締役 CEO 美濃部 慎也さん

仲間と掲げた目標に向かって、「自分がどうあるべきか、どうありたいか」を突き詰めて考え、チームに貢献するために自分に足りない部分を努力し続けて強くなっていく−−。関西学院大学のアメフト部で培われた情熱のマネジメント力が、いまの自分を創っています。

アメフト引退後に、「起業」という道を定めた原点は、育った環境によるところが大きいと思います。宝塚界隈に住んでいたので、幼少時から阪急電鉄や宝塚歌劇団を作った小林一三氏の偉業に触れる機会も多く、この実業家の話をよく聞いていました。また、祖父が商社の経営に携わっていたこともあり、いつしか私も「自分で事業をやっていく」ということがマインド設定されていました。

事業の矛先を“栄養”にした背景にはアメフトの影響があります。米国最大のスポーツ産業であるアメフトには、勝利に必要な“戦略・運動・休養”に関する最先端の技術が注入されていて、関学はそれを取り入れています。論理的に裏打ちされた最強のメソッドでしたが、“栄養”だけは、一人ひとりの身体能力に合致したもっと精密な方法がある気がしていました。また、試合前に祈りを捧げる牧師の先生から、途上国でのフェアトレードビジネスの実体験を聞き、在学中にバナナ農園の視察に参加してスラム街にも行きました。そこで目の当たりにしたのが、劣悪な栄養環境で暮らす子供たちでした。安価で栄養価の高い食べ物は十分あるのに、糖質や脂質の多い食事を選ぶ彼らを見たとき、生きるために必要な栄養を知らないことの危険性に気づきました。この問題をビジネスの力で解決したいと考え、起業を視野に、大学卒業後はアメフトのコーチから勧められたリクルートに入社。約7年間、営業から事業運営まで希望通りのさまざまなキャリアを積ませてもらいました。

人に不可欠な栄養の大切さをビジネス化していくにあたり、まずは論文を含めた数々の栄養に関する情報収集と市場規模を調査。そうしたなかで『MDGs』(※)という世界的な活動を知り、より一層「栄養問題を解決する!」というゴールが明確になっていきました。それと並行して、病気でない健常者の栄養状態を正確に把握するプロダクト作りの準備も進め、細胞や遺伝子、栄養学の専門家を含む100を超える人たちと会って具体化の道を探っていきました。

2017年にリリースした『Vita Note』(ビタノート)は、尿を送るだけで栄養状態がわかる世界初のパーソナル栄養検査です。人には、体格や遺伝、生活習慣などによって各々異なる栄養吸収量があり、『Vita Note』はその過不足を数値で測定するので、理想的な健康状態や身体能力の向上に最適な栄養データを正しく知ることができます。また、この検査結果と連動した100%天然素材のテーラーメイドサプリメント『Vita Note FOR(ビタノートフォー)』も併せて開発。検査センターも製造工場も自前で、品質重視で提供しています。

世界の栄養課題を解決すべく、いまはその第一歩を踏みだしたに過ぎず、そのためにも会社としてサスティナブルであることが大事だと考えています。栄養の大切さを一人でも多くの人に伝えるためにやることは山積みですが、“勝つまで、徹底的にやり続けていく”という自分の強みを活かしつつ、みんなでゴールを決めていく組織を創っていくことが、いまの私にとっての仕事/働くことであり、自分を培ってきたこれまでの時間を活かす天命だと思っています。

※ MDGs:「Millennium Development Goals (ミレニアム開発目標)」の略称。
1990年代の国際開発目標と2000年に採択された国連ミレニアム宣言(貧困や教育、環境問題など、国際社会が取り組む課題)が統合された開発目標。達成期限の2015年以降は、国連加盟193カ国によって、SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)として、働きがいなども加えた17の国際目標が掲げられている。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    ゼロです。ぜんぜん、まだ何もなし遂げていないので。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    真から頑張って努力している子供たちから必要とされたら、「ハンズイフ」(hands=if)のようなかたちで協力するお金の使い方をしたいです。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2018」で優秀賞を受賞して、それ以降、各方面からジワジワと反響をいただいています。受賞の瞬間よりも、当社のプロダクトが意味のあるものとして動きはじめたことのほうに、日々、静かな感動を覚えています。

  4. 仕事より大切なものは?

    「何のために生きているか?」ということを大切にしています。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    「関西学院大学のアメフトの選手になって甲子園球場の舞台に立つこと」を、幼少時から夢に描いて生きてきました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    周りに流されることなく、自分自身の強い意志を持つ力。いま以上に情報過多な次代を生きる子供には、自分の考えで正しさを判断できる人間になってほしいので。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    仕事では、ITや技術的なことについては、副社長 兼 CTOのメンバーに一任しているので、私自身はただの使う人です。追いかけない派です。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なことは?

    あるべき理想や世界を描き、それを実現するために決してあきらめないこと。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    “遊ぶこと”だけに意識を集中して、自分の子供とズーっと遊んでいたいです。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    仕事で役立つという観点から言うと、書籍ではなく、自分の周りにいる仲間からの気づきや議論が一番勉強になっています。

就活中の学生に向けて

  1. 今、学生に戻れるならどのような経験をしておきたいですか?

    ラッキーなことに私は、“本気で楽しむ”ものに全力投球でき、学生時代に全部やりきったので、それ以上に望む経験はありません。

  2. 自分が社会人になったとき、身につけておいて良かったことは?

    目標に対して、チームに貢献するために自分が何をなすべきかを考え抜いて達成していくプランニング力と突破力。

  3. 不安や困難に直面したときの対処法は?

    どんなことでもよいので、「これだけは誰にも負けない」と、自分が自分に誇れるような経験を持っておくと良いと思います。社会に出てから、そうした経験が支えになることは多いので。

  4. 「内定」を出すとき、もっとも重視するのは?

    ユカシカドが感じとる「いい人」かどうか。
    この、「いい人」の定義は上手く説明できないのですが、「自分を信じ、周りを信頼し、やりきる。」という、当社が大切にしているスタンスで並走できるかどうか、という感じです。

【2018年12月インタビュー】

株式会社ユカシカド 代表取締役 CEO
美濃部 慎也(みのべ しんや)

【Profile】

1982年 兵庫県生まれ。2006年に関西学院大学卒業。同年4月に株式会社リクルートに入社し、求人媒体の営業、商品企画を担当。2010年にオイシックス株式会社に出向し、事業戦略を担当。2012年に株式会社ごちまる(※)に出向。2013年3月の退職と同時に株式会社ユカシカドを設立。代表取締役に就任。
※リクルートとオイシックスのJV

 

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る