ホーム > リレー★エッセイ > Vol.176 堅田 洋資さん

リレーエッセイ Vol.176 株式会社データミックス 代表取締役 堅田 洋資さん

私は22歳で大学を卒業してから、30歳までの8年間に4回職場を変えました。毎回、転職理由は明確にしていたつもりですが、その中身はバラバラです。外資系メーカーで経理とマーケティング、監査法人系のアドバイザリー会社で事業再生のコンサルタント、欧州系の高級ブランドで経理、ソフトウェア会社での経営企画といった具合です。どの仕事もそれなりに楽しく一生懸命取り組むものの、一方で、「なんか違う」という正体不明の違和感を持ち続けていました。

その後、私が30歳になった2012年に転機が訪れます。当時、海外でMBAを取得しようと願書を提出する直前になって、「なんか違う」の正体に気づきました。それは、『他人から評価されることを優先して進路を決めること』への違和感です。いざ1000万円近くのお金を使うとなって初めて気付きました。そこから、改めて自分が心からワクワクすることは何だろうかと考え直し、進路をMBAではなく大学時代に勉強していた「データサイエンス」という分野での留学に切り替えました。この決定がなければ、起業していなかったと思います。

留学中、日本のデータ・AIの利活用は遅れを取っていることに気づきました。例えば、留学していた当時のアメリカではIT系だけではなく、小売やメーカーまでデータサイエンティストを採用していました。言い換えれば、幅広い業界でデータ・AIの活用を開始していたということです。その一方、日本ではデータサイエンティストを募集しているのは、ほんの一部の企業だけでした。

その遅れの原因のひとつは教育の機会の差です。事実、日本では社会人向けにデータサイエンスを教育する場所が限られていました。帰国後、2社でデータサイエンティストとして働きましたが、留学中に感じた課題感や問題意識から、2017年に社会人向けにデータサイエンス教育を行う会社「データミックス」を作り起業しました。

起業してわかったことは、身につけてきたスキルや経験の中で無駄なものは一つもないということです。私のこれまで経験してきた経理、マーケティング、コンサルティング、データサイエンスといった各スキルは平均的ですが、これらのスキルを同時に組み合わせることが自分らしい仕事につながっています。実際、これは誰にでも当てはまることです。ある分野のトップでなくても、いくつかのスキルを組み合わせれば、自分らしいキャリアを築けるということです。

データミックスはデータサイエンスを教える学校で、数多くの社会人が学んでいます。学校としての想いは、受講生に新たに獲得するデータサイエンスのスキルと既にもっている経験やスキルを掛け合わすことで、自分らしいキャリアを追求してもらいたいと願っています。そして、私個人としての“働く理由”は、データミックスの受講生に刺激をもらいながら、新しい自分にアップデートしていくために働いています。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    60%から70%でしょうか。まだまだできないこと、できていないことがたくさんあります。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    海外の大学院で再び勉強したいです。新しいことを学ぶのがやはり好きです。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    データミックスは6ヶ月間の教育プログラムなのですが、その受講生の卒業式です。2〜3ヶ月に一度あるのですが、実は毎回感動しています。

  4. 仕事より大切なものは?

    健康

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    ミュージシャン

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    自己肯定感です。やってみないとわからないことが多いので、自分を信じる力は大事だと考えます。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    データサイエンスをやるうえでパソコンは無くてはならない相棒です。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なものは?

    勉強し続けること。日々の変化に振り回されず、自分なりの視点を獲得することが大事だと思います。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    読書です。読みたい本がたくさんあります。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『 1秒でつかむ 「見たことないおもしろさ」で最後まで飽きさせない32の技術 』[高橋 弘樹 著/ダイヤモンド社]
    教育もコンテンツが大事なので、面白い教材を考える材料になりました。

就活中の学生に向けて

  1. 「新入社員にとって必要なモノ3つ」と、その理由は?

    1つ目は、言いたいことを正しく表現でき、読みやすい文章が書ける言語能力。
    2つ目は、ビジネスは数字で語ることが多いため、最低限の数学。
    そして3つ目は、何かのマニアであること。自分が情熱を感じる分野を発見できることは重要です。

  2. 「学生時代の起業」についてどう思いますか?(賛成/反対 理由)

    どちらとも言えない。
    起業する必然性があるなら、学生かどうかは関係ないと思います。

  3. 「パソコンスキルがあること」は、採用に有利になると思いますか?

    有利です。いまやほとんどの会社でデジタルデータを扱わずに済むことはないと思います。

  4. 「内定」を出すとき、もっとも重視するのは?

    「なぜ働くのか?」「なぜデータミックスで働きたいのか?」という動機が明確であること。

【2019年7月インタビュー】

堅田 洋資 (かただ ようすけ)
株式会社データミックス 代表取締役

【Profile】

1982年生まれ。一橋大学商学部卒業。在学中に(株)オプトでインターン後、外資系大手企業に就職。KPMG FAS、㈱インフォマティクスを経てWINフロンティア(株)、同社取締役就任。2013年にサンフランシスコ大学データ分析学修士コースへ留学。2014年有限責任監査法人トーマツ入所。2015年 (株)白ヤギコーポレーション入社。2017年2月データミックスを設立し、代表取締役就任。

 

◎データミックスでは、社会人向けにデータサイエンティスト育成コースを運営しています。
2ヶ月ごとに開講していますので興味がある方はぜひ無料説明会にお越しください。
https://datamix.co.jp/data-scientist/

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る