ホーム > リレー★エッセイ > Vol.177 五味 和泰さん

リレーエッセイ Vol.177 cotobox株式会社 代表取締役 五味 和泰さん

高校時代に横浜に住んでいた私は、超高層ビルを中核とした『横浜みなとみらい21』の都市開発が進んでいくのをずっと見ていました。日に日に新しく作られていく街の様子を目にして、いつか自分もこうした大きなプロジェクトに関わりたいと思ったのが、最初に建築業界に進んだきっかけです。新卒で建築設備会社にエンジニアとして入社し、10年ほどさまざまな建築プロジェクトに携わりましたが、30歳という節目に、そろそろ新しいことにチャレンジしたいと考えるようになりました。

ちょうどその頃「知財」のことが話題になっており、これまでの仕事とはまったく異なる弁理士の資格にチャレンジしようと思い立ちました。そこで、特許事務所で働きながら勉強を続け、4度目の受験で無事合格。晴れて弁理士としての新たなキャリアをスタートしました。そのまま順調に仕事を続けることもできましたが、英語が自分の弱点になっていると感じ、40歳でアメリカ西海岸のロースクールへ留学。2014年当時、アメリカではスタートアップや新しい会社が次々に立ち上がっていく勢いがあり、それを目の当たりにして、“まだ、日本で誰もやっていない知財のスタートアップとして起業してみたい”と思うように。留学前までは自分が起業するなんて夢にも思っていませんでしたが、復帰する予定だった事務所に「退職します」と申し出て、帰国後、約半年間の準備期間を経た後にcotobox株式会社を設立しました。

「Cotobox」(コトボックス)は、誰でも簡単に最短1日で出願できる商標登録Webサービスで、AIを活用して人件費などを抑えることで低価格化を実現しています。そもそも、このサービスに取り組んだのは、「知財を誰もが平等に取り扱えるようにしたい」という想いから。日本における知財は、まだまだ一部の大企業だけが活用している現状があり、ときに知識のない人たちが損をしたり、知らずに権利の侵害をしてしまったりすることも。そうした不平等をなくし、小さな会社や個人事業主などが、気軽に使えるサービスとして広がっていくことを第一に考えています。
そのためにも、ユーザーとの距離を近づけるための工夫や改善を重要視していて、当社のサイト来訪者が最も知りたい情報だと思われる、「そのネーミングがすでに商標登録されているか」を無料で検索できるようにしてあります。また、実際に商標登録するとなったら、チャットで弁理士と手軽に相談ができるので、「特許事務所に行くのは敷居が高い・・・」と感じる若い人たちにも好評です。実際、サービスは口コミで広がっていて、利用者からの感謝の声はとても励みになります。また、改善スピードが速まるのでクレームも大変ありがたく、日々改善を重ね、将来的には海外展開するのが目標です。

人生の節目ごとに、自分の立ち位置を見極めながら新しい方向に舵を切ってきた私にとって仕事とは、生きている意味をもたらすもの。人生で優先すべきは健康やプライベートで、身体を壊すまで働くのは本末転倒だと思いますが、仕事で得られるものもあり、仕事があるほうが生きがいもある。これからも、人にとって喜ばしい体験や新しいコトづくりを推進するために、仲間とともに新たな価値を生み続ける存在でありたいと思っています。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    非常にやりがいがあるので、かなり満足しています。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    子どもたちの教育のために使いたいです。特に、勉強したくても、できない環境にいる子どもたちの教育には全財産をかけてもいいと思っています。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    最初の利用者の方から「使いやすいから申し込みました」と言われたとき。正式にサービスを開始する前だったので、驚くと同時にとても嬉しくて鳥肌が立ちました。

  4. 仕事より大切なものは?

    健康。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    F1ドライバー。
    ただ、視力が悪くドライバーが無理だとわかったので、途中からタイヤ交換の技師に変えました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    プログラミングと語学。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    一番、重要なもの。ないと何もできません。

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なものは?

    “お客さんの声”。新しいサービスにとって、作り手の価値観の押しつけは良くなく、ユーザーからの意見やダメ出しなどはすべて良質なサービスづくりに活かしていけますから。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    寝たいです。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『Amazon 世界最先端の戦略がわかる』[成毛 眞 著/ダイヤモンド社]

就活中の学生に向けて

  1. 今、学生に戻れるならどんな経験をしておきたいですか?

    海外で、本腰を入れてボランティアをしたいです。
    学生時代、インドにはボランティアで行った経験がありますが、英語での会話がままならず、さまざまな国から来ている優秀な人たちとコミュニケーションできなかったのが心残りになっています。

  2. 「新入社員にとって必要なモノ3つ」と、その理由は?

    1. 諦めない心(やりたいことに辿りつくまでは、ある程度の下積みは必要なので)
    2. 勉強(20代半ば~30代は知識をスピーディーに吸収していける時期だから)
    3. 謙虚な気持ち(理不尽なこともありますが自己主張ばかりしない)

  3. 学生時代のインターン経験は採用に左右しますか?

    あまり関係ないと思います。

  4. 「パソコンスキルがあること」は、採用に有利になると思いますか?

    思います。私自身は研究室でExcelなどを使っていたので、就職後もパソコン操作で困ることはありませんでした。

【2019年8月インタビュー】

五味 和泰(ごみ・かずやす)
cotobox株式会社 代表取締役

【Profile】

1973年生まれ、神奈川県出身。1996年 早稲田大学(理工学部)卒業。新卒で入社した建設会社を経て、2005年にYKI国際特許事務所に入所。約10年間、知財実務に従事。2014年に米国 南カリフォルニア大学ロースクールに留学。留学中にスタートアップのイベントやプログラムに参加し、知財 x テクノロジーの将来性に気づく。卒業後、中南米の旅行中に“Cotobox”というネーミングを思いつき、すぐにドメイン名を取得。2015年にはつな知財事務所を設立。2016年2月にcotobox株式会社を設立。日本弁理士会、日本商標協会に所属。

 

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る