ホーム > リレー★エッセイ > Vol.183 中山 智文さん

リレーエッセイ Vol.183 カラクリ株式会社 取締役 CTO 中山 智文さん

物事を深く考えることが好きで、その最たるものが数学だと感じたことから、数学にのめり込んでいきました。
中学に入ってすぐに、塾で出題された数学の高校入試問題を自力で解くことができて、先生に褒められたのも良い体験になりました。その後、数学をより深めるために東京理科大学の数学科へ進学。

大学3年の時、「大学時代にプログラミング系のインターンをしておけばよかった」というインターネットの書き込みを見て、自分もやってみようと検索し、ITベンチャーに応募。ここで初めてデータ分析業務に携わりました。大学卒業後は、幅広い知見を身につけるため、フリーランスの道に進みました。
実は、日本国内では研究者の待遇が恵まれているとはいえず、多くの研究者が数学だけやっていくのが難しいという問題があります。この課題を解決するにはどうしたらいいか模索していたこともあり、フリーランスを続けながら、2014年にシリコンバレーへ1年留学。ITの聖地で感じたAIブームについて、しっかり勉強したいと思い、帰国後に東京大学大学院へ進学。ここで知り合った大学院同期のメンバーと、2016年に起業しました。同時期に創業されたカラクリ株式会社の創業メンバーから、「AIを通して顧客と企業のコミュニケーションデザインがしたい」という相談があって、カラクリの立ち上げにもCTOとして参加し、携わることに。現在は大学院起業メンバー全員がカラクリのAI技術開発チームに加入して、私を含め大学院と会社勤めの二束の草鞋で日々奮闘しています。まだ完成形とは言えませんが、当初抱いてた『研究とビジネス』の両立を図る環境を少しずつ整え、日本の研究力向上に寄与したいと考えています。

カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI chatbot」は、SBI証券、メルカリ、ニッセンなど主に大手企業のサポートセンターに導入いただいており、導入前から導入後まで徹底したサポートをすることで、運用者の負担を減らし継続的に使いやすいサービスとして評価をいただいています。私たちは、AIは特別な知識がある人だけが使えるものではなく、誰でも使える技術である、というコンセプトでサービスを作っています。お客様からのフィードバックをもとに調整を重ね、複雑な機能を削り、どんな人でも簡単に使うことができるようにしています。使いやすく正答率95%という高性能であるチャットボットサービスとして、これからさらに知ってもらえるよう、サービスのアップデートを行っていきます。

働くうえで大切にしているのは「Keep Excellent」。これは、カラクリの掲げる3つのバリューのうちの1つですが、最も気に入っている言葉です。BetterやBestで満足せず、改善点を見つけて高みを目指していく。物事を深く考えることが好きな自分にとっては、仕事を通して常に深く考えていく作業は苦痛ではなく楽しみのほうが大きいです。フリーランスで仕事をしている時の仕事とは、“命を削ってお金に換えるもの”という状態でしたが、現在は仕事について、“自分の人生に必要なひとつのパーツ“だと捉えています。仲間にも環境にも恵まれているので、これからも思う存分物事を深く突き詰め、Excellent を目指していきたいと思います。

仕事にまつわる10問アンケート

  1. 現在の仕事に対する満足度は?

    研究とビジネスの両立を目指せる良い環境で働けることに、とても満足しています。

  2. 一生困らないほどのお金が手に入ったら、仕事以外にやりたいことは?

    今の仕事がやりたいことなので、他にやりたいことは思いつきません。

  3. 仕事で、“鳥肌が立つほど感動した”ことがありますか? それはどんなときですか?

    一緒に働く仲間はみんな優秀で、天才的な発想がでてくることがよくあり、毎回感動しています。

  4. 仕事より大切なものは?

    家族、自分の周りの人たち。

  5. 子供の頃になりたかった職業は?

    小学生の時は、親が医者だったので自分も医者になるんだと思っていました。中学で数学に目覚めてからは、数学の研究者になるつもりで大学も数学科を選びました。

  6. あなたの子供に、仕事のためにどのようなことを身につけさせたいですか?
    (※ 子供をお持ちでない方は、いると仮定してお答え願います)

    プログラミング。

  7. あなたの仕事にとって、パソコンはどんな役割を果たしていますか?

    常に使っている体の一部のようなものです。ないと不安になってしまう(笑)

  8. 仕事で成功するために、もっとも大切なものは?

    やるべきことを整理して、地道に丁寧に一つひとつ取り組むこと。

  9. 今、1時間だけ自由な時間があったら、何をしたいですか?

    今の仕事は自分が好きで選んでやっているので、空き時間があっても仕事をすると思います。

  10. 最近読んだ本で、仕事に役立ったのは?

    『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス』[ Camille Fournier著 / オライリージャパン ]
    今CTOとして働くうえで、非常に参考になる内容でした。マネジメントをする人が抱える不安も解消できる良い本です。

就活中の学生に向けて

  1. いま、学生に戻れるならどんな経験をしておきたいですか?

    英語とプログラミングを早くからやっておけばよかったと思います。そうすれば、人生はもっと豊かになっていたはず。
    あと、数学の基礎をもっとしっかりやっておくべきだと自分に言いたいです。若い頃は先へ先へといってしまいがちですが、しっかりとした知識の基盤を作っておくことが重要だと思います。

  2. 社会人スタートを良いものにするために、学生時代に身につけておきたいスキルとは?

    中高卒で社会に出て働いている友人を見ていると、体力と野心がある人は非常に活躍している印象なので、この2つは必須の要素だと思います。
    大卒、大学院卒なら、自分の専攻する分野をしっかり勉強して使えるレベルにするべきだと思います。しっかり深めて、“自分の個性”と呼べるものにして、その後の人生で活かせるようにすれば、どんな分野で働くにしても活かせるはずです。

  3. 不安や困難に直面したときの対処法は?

    1人で抱えないで、いろいろな人に相談する。会社の人、友人、親、誰でもよいですが、相談することで、違った視点でのアドバイスをもらったり、助けてくれる人が出てくるものです。

  4. 「パソコンスキルがあること」は、採用に有利になると思いますか?

    ないよりあったほうがいいです。どんなスキルでもそうですが、パソコンスキルは他のスキルに比べて、どんな仕事でも役に立ちやすい。このスキルがあるだけで生産性が全然違ってくるので、身につけておいて損はないと思います。

【2020年2月インタビュー】

中山 智文(なかやま ともふみ)
カラクリ株式会社 取締役 CTO

【Profile】

1992年生まれ。東京大学大学院で機械学習技術の応用研究を現役で行いながら、機械学習の社会実装を推進するため、2016年10月カラクリ株式会社CTOに就任。学部在学時よりビッグデータ分析、Web開発、スマートフォンアプリケーション開発などを請け負う。学部卒業後、フリーランスとして仕事を続けながら、シリコンバレーに1年間の留学。コンピュータサイエンス、特に情報セキュリティについて学ぶ。好きな数学は代数的数論。

 

ニュースレターへの登録はこちら

「仕事・働くこと」をテーマとした各界で活躍する方々による「リレー★エッセイ」や、Microsoft Office Specialist(MOS)、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパートなどのオデッセイ コミュニケーションズが実施する資格試験、スキルアップにつながる各事業の最新情報をいち早くお届けするニュースレター(毎月1回配信)を配信しています。
登録・購読は無料。パソコンを使った毎日の仕事に役立つ情報としてお役立てください。

このページの先頭へ戻る