App Development with Swift

Swiftの基礎知識を証明する資格

App Development with Swiftは、Appleが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識を証明する資格です。
Swiftの基礎知識を証明する資格「App Development with Swift(英語版)」を日本国内で受験することが可能です。

※日本語版の試験実施は未定

Swiftについて

Swiftとは

iOS、Mac、Apple TV、Apple Watch向けのアプリケーション開発のためにAppleが作ったプログラミング言語です

AppleがSwiftを開発した2つの目的

  1. 学習しやすいオープンソースのプログラミング言語をつくる
  2. 今の時代に最も革新的なアプリを開発できるパワフルな言語をつくる

資格を取得することで得られること

Swiftの知識

  • Swiftの基本的なビルディングブロックの使い方
  • Swiftプログラミングの基本概念(シンタックス、ロジック、構造、関数、パターンなど)

アプリケーション開発の知識

  • Apple Software Development Kitの基礎
  • Playgrounds, Xcode, Simulator, Interface Builderなどの開発ツールの利用
  • Swiftを利用したiOSアプリケーションの作成、実行
  • iOSアプリケーション作成に使用される一般的なツール、テクノロジー、インターフェース要素、デザインパターン
  • iPhone、iPad で使われるiOSアプリケーションの作成に必要なスキル
  • アプリケーション作成実習を通じ、一般的なiOSフレームワークの利用方法を習得

試験概要

試験名
App Development with Swift
科目名
App Development with Swift Level 1
試験の言語
英語 ※日本語版の試験実施は未定
所要時間
50分
受験料
一般¥9,800(税別)/学割¥7,800(税別)
試験実施方式
CBT試験
学習教材
App Development with Swift

※Apple BooksがインストールされたiOS5.1.2以降のデバイス、
iBooks 2以降とiOS 5以降を搭載したiPad、iOS8.4以降の
iPhone、またはOS X 10.9以降のMacでのみ閲覧できます。

出題範囲
App Development with Swift Level 1(PDF)
試験会場
オデッセイ テスティング センター有楽町
〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル B1F
再受験に関するルール
  • 同じ科目を2回目に受験する場合、前回の受験から1日(24時間)待つ必要があります。
  • 同じ科目を3回以上受験する場合は、前回の受験から5日間(120時間)待つ必要があります。

お申込みから受験までの流れ

資格認定
Apple Inc.
試験運営
株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
本件に関するお問い合せ先
株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ カスタマーサービス
TEL.03-5293-1881(受付時間:平日10時~17時30分)
E-Mail.mail@odyssey-com.co.jp